『男の健康ヨーガ』健康寿命をのばせるかも

 2月から3月にかけて毎週日曜日(全4回)開催された『男の健康ヨーガ』。主催の千種コミュニティセンターに集まった男性9名は、取材日の2月18日(日)、少々緊張した面持ちで教室に入った。「女性は働きながら、そして主婦をしながらもランチ会や公民館などの主催事業をうまく使って息抜きができますが、男性は現役時代にめいっぱい働いている方が多いです。退職後の健康法として、そして女性の中には入りにくいなという男性のためにこの企画を行いました」と話すのは、講師の小林正子さん。千種コミュニティセンターを含めた数カ所でヨーガ教室を担い、自身は32年間という長きに渡る経験者。
 インドからヨーガが日本に伝わって爆発的なブームを引き起こしてから、しばらく経つ。今では、色んなポーズを取ることで身体の毒素を出す手法が主流となっている。だが小林さんは、「元々ヨーガは瞑想のためのもの。心と体の調和を求めることが、ヨーガそのものの意味なんです。特にテレビやスマホなど24時間動いている世界、電磁波が広がる日常では自律神経をいかに穏やかに調えるかに重視するべきです」と丁寧に説明した。大切なのは、無理をしないこと。気持ち良いところを探し、やりたくなくなったらすぐ止めること。決して勢いをつけずゆっくりやること。
 合間に小林さんのヨーガの説明を適度に挟みながら、参加者たちは座り方や呼吸法、立ち方に至るまで学んでいく。「立つ時の姿勢は、くるぶし同士をつけて、お尻を締めます。尾てい骨に意識をして、骨盤に吸い上げるように鼻で息を吸うと身体の線が綺麗になる」とか。そして、指先をあげてかかとをつく。かかとを上げて指先で立つ。これを繰り返すだけでも足腰は丈夫になる。また、片足で立つことは体中の全細胞と神経を集中させるほどエネルギーを使う。小林さんは、「片足立ちできるということは若返った証拠です。家で一人でもできるので練習してみてください。ご飯を食べることと同じで、健康のために毎日少しずつやる必要がありますよ」と続けた。
 シニア世代の参加者が多かったが、ヨーガ経験者も数人。坐骨神経痛に効くという『ワ二のポーズ』や仰向けになって身体をそる『コブラのポーズ』で順調に交感神経を刺激していく。仰向けに寝て両足を上げ、徐々に頭の方へ足を倒す動きでは、見本を示す小林さんのスムーズさ。生活の中で、顔より足の指先を上にすることは通常ない。
 普段しない動きに、身体を起こしたあと、参加者たちはふーっと大きく息を吐いた。「犬の散歩をしている時に、段差につまずいて転んでしまったんです。足が上がっていないのかなと思い、運動をしにきました」、「歩くだけなら20㎞だっていけるけれど、昔のように速くない。足腰を鍛えたいですね」、「卓球をやっているんですが、球を打つ時に呼吸が止まっていると言われました。ヨーガの呼吸法を学び卓球に役立てたいです」など、参加理由は様々だ。
 だが、約1時半のヨーガの間、数回行われた『シャヴァ・アーサナ』では誰もが心地よさそうに目を閉じていた。シャヴァ・アーサナは休息のポーズという意味。仰向けになり、両手を広げて身体から力を抜く。一番大事なのは口元を緩めること。笑っている時は体中から力が抜けてリラックスしているので、それに近い状態にするのだ。そして手足の指に段々と力を込めて、ゆっくりと起きあがる。これは朝の起床時にも同様だとか。身体は誰でも歪んでいるものだが、前屈、反る、捻じるを取り入れた動作をすることで解消できる。ヨーガをすることで腰痛や肩こり、内臓の病気まで治ることもあるというから驚きだ。また、ゆっくりと呼吸することは心を落ち着かせるだけでなく、一部では寿命も長くなるという説もあるのだとか。
 終始和やかに進んだ講座では、「鼻から吸って口から吐くではなく、鼻から吐くのはどうしてですか?」などの質問に、小林さんが最後まで丁寧に答えていた。参加者からは「男性だけだったので気楽に気持ち良く楽しめました」と大好評!同講座は全4回で終了だが、小林さんのヨーガ教室には参加可能。詳細は問合せを。

問合せ 小林さん
TEL 080・5863・2411

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る