地域の農産物から商品を開発 地域活性化に

企業組合 情熱市原ワンハート

 今年1月、地産地消で地域活性化と発展を目指す企業組合『情熱市原ワンハート』の創立記念祝賀会が行われた。ワンハートは2015年から任意団体として、市内の飲食店や保険業、生花店、農家などの個人経営者たちが集まり、市原特産の梨を使った商品開発と販売をしてきた。
昨年には農産物の一次加工専門工場を設立、さらに団体を法人化し、事業の本格始動となった。
 現在、組合員は6名。代表理事の山下賢一さんは寿司店を経営する。「活動のきっかけは、船橋の友人の店で、船橋産の梨を使ったカクテルを知ったこと。地産地消の取組みに、市原でも同様のことができないか考えました」。初年の夏に2tの梨を買い集め、自分たちで手剥きし、ピューレを作ったが酸化しやすく失敗。食品加工会社に依頼し、改めて市原産梨にこだわった商品を1年かけ試作、ドリンクベース『和梨』を完成させた。業務用として市内の居酒屋など約60店舗に販売し、サワーやハイボールで夏の商品としてヒット、3000本・500ケースの出荷となった。さらに自分たちでも再度梨ピューレと梨ジャムを手作りし、イベント等で販売。昨年夏には梨ゼリーを開発し、商工会議所による国府ブランドにも認定され、ドラッグストアなどで全国展開へ。今年は約3万袋が出荷予定だ。
 山下さんは、「規格外の農産物などを無駄にすることなく、仕入れ加工し、商品として販売することで、農家さんたちの助けになりたい。ただ、再注文が来ても追いつかない状態なので、原材料の市原産梨の確保が課題です」。工場は野菜・果物の一次加工でサンプル作りなど小ロットに対応。県内ではここだけという。「梨酢作りや菜種油のサンプルなどの依頼も受けました。県内の放置竹林対策として、県内のタケノコをメンマとして商品化する事業も進行中。こちらは里山保全活動をする団体等の助力になればと考えています」。チバニアンの名をつけた『ちば煮餡』、ゴルフボール型の梨羊羹の開発も進められている。

問合せ ワンハート
TEL 0436・63・6001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る