あなただけのインテリアを

 4月14日(土)、五井公民館で開催された講座『ハーバリウム』。講師の宇ノ澤千春さんは、市原市白金のフラワーブティック『はなも』の店長を務めている。参加者20名に向けて宇ノ澤さんは、「ハーバリウムは、ガラスの瓶に入れた植物の標本です。ドライフラワーや加工したプリザーブドフラワーを専用のオイルに浸して飾るインテリアのこと。花を選ぶのに時間がかかると思いますが、みなさんお気に入りの一本を作ってください」と説明した。 講座は約1時間半。綺麗に見えるポイントは4つ。瓶に縦にいれるため、重い花から下に置く。大事な色は、色調かトーンのいずれかに揃えること。中身を詰め過ぎるとオイルの流れが見えないため、ほどほどに。さらに長短を調節することで、すっきりとした見栄え効果も。「青、ピンク、緑。どれも綺麗で中々決められない!」と、誰もが真剣に悩みながら一本ずつ花を手にとる。アジサイやかすみ草に猫じゃらしなど。瓶の小口から乾燥した小花を詰め、竹串で低位置まで押していく。
 「中に余裕があると、ついまだ足りないのではないかと思っちゃいますね」と笑いながらも、参加者たちはその気持ちをぐっと我慢。オイルをいれ、少し浮きあがった花々は見事。「オイルとガラスなので直射日光には当てないように気を付けてください。ただ、暗い所よりも陽の光の入る場所に置くと、とても綺麗ですよ」と宇ノ澤さん。参加者たちは作品をテーブルに並べると、歓声を上げながら写真に収めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る