あなただけのインテリアを

 4月14日(土)、五井公民館で開催された講座『ハーバリウム』。講師の宇ノ澤千春さんは、市原市白金のフラワーブティック『はなも』の店長を務めている。参加者20名に向けて宇ノ澤さんは、「ハーバリウムは、ガラスの瓶に入れた植物の標本です。ドライフラワーや加工したプリザーブドフラワーを専用のオイルに浸して飾るインテリアのこと。花を選ぶのに時間がかかると思いますが、みなさんお気に入りの一本を作ってください」と説明した。 講座は約1時間半。綺麗に見えるポイントは4つ。瓶に縦にいれるため、重い花から下に置く。大事な色は、色調かトーンのいずれかに揃えること。中身を詰め過ぎるとオイルの流れが見えないため、ほどほどに。さらに長短を調節することで、すっきりとした見栄え効果も。「青、ピンク、緑。どれも綺麗で中々決められない!」と、誰もが真剣に悩みながら一本ずつ花を手にとる。アジサイやかすみ草に猫じゃらしなど。瓶の小口から乾燥した小花を詰め、竹串で低位置まで押していく。
 「中に余裕があると、ついまだ足りないのではないかと思っちゃいますね」と笑いながらも、参加者たちはその気持ちをぐっと我慢。オイルをいれ、少し浮きあがった花々は見事。「オイルとガラスなので直射日光には当てないように気を付けてください。ただ、暗い所よりも陽の光の入る場所に置くと、とても綺麗ですよ」と宇ノ澤さん。参加者たちは作品をテーブルに並べると、歓声を上げながら写真に収めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る