あなただけのインテリアを

 4月14日(土)、五井公民館で開催された講座『ハーバリウム』。講師の宇ノ澤千春さんは、市原市白金のフラワーブティック『はなも』の店長を務めている。参加者20名に向けて宇ノ澤さんは、「ハーバリウムは、ガラスの瓶に入れた植物の標本です。ドライフラワーや加工したプリザーブドフラワーを専用のオイルに浸して飾るインテリアのこと。花を選ぶのに時間がかかると思いますが、みなさんお気に入りの一本を作ってください」と説明した。 講座は約1時間半。綺麗に見えるポイントは4つ。瓶に縦にいれるため、重い花から下に置く。大事な色は、色調かトーンのいずれかに揃えること。中身を詰め過ぎるとオイルの流れが見えないため、ほどほどに。さらに長短を調節することで、すっきりとした見栄え効果も。「青、ピンク、緑。どれも綺麗で中々決められない!」と、誰もが真剣に悩みながら一本ずつ花を手にとる。アジサイやかすみ草に猫じゃらしなど。瓶の小口から乾燥した小花を詰め、竹串で低位置まで押していく。
 「中に余裕があると、ついまだ足りないのではないかと思っちゃいますね」と笑いながらも、参加者たちはその気持ちをぐっと我慢。オイルをいれ、少し浮きあがった花々は見事。「オイルとガラスなので直射日光には当てないように気を付けてください。ただ、暗い所よりも陽の光の入る場所に置くと、とても綺麗ですよ」と宇ノ澤さん。参加者たちは作品をテーブルに並べると、歓声を上げながら写真に収めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る