指先にチョークの色をのせて

 4月22日(日)、市原市立南総公民館で開催された『チョークアート』講座。チョークアートはイギリスを発祥とされ、名前の通りオイルパステル(チョーク)を使って黒いボードに色鮮やかなケーキや果物などを指で伸ばし描いていくアートのこと。色を重ねることでより立体的で可愛らしい作品にできるが、初心者でも気軽に楽しめる。
 講師は日本チョークアート協会の遠井博子さん。参加者12名に、「自分の感性があるから一人ずつ仕上がりは違います。花や葉には茶色や白、薄茶色など多くの色があるので、こうでないといけないというのはありません」と説明する。
 2時間の講座で作成するのはプルメリアの花のウェルカムボード。まずは、カーボン紙をボードの上に乗せて、下絵をボールペンでなぞる。そして葉、花、文字の順に色をつけていく。初めこそ、塗る場所や色の濃淡に慎重になっていた参加者たちだが、要領を得るにつれて指先を素早く動かしていく。
  「葉っぱの色の間に白をのせたり、濃い緑を混ぜたりするとより立体的に見えます。こすり過ぎると下のボードが出ちゃうので気を付けて」と、遠井さんは終始声をかける。母子で参加した小6女児は、「自分でやりたいと思って参加しました。チョークは学校の黒板でも使うので身近なもの。楽しかった」と話し、「上手だね」と母親に褒められて嬉しそうだった。
 きっと各々の家の玄関を明るくしてくれるに違いないだろう。作品は11月3、4日に開催される公民館まつりでも披露される予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る