市原市陸上競技協会の活動

 市原市陸上競技協会は現在、約70名の会員で活動している。4月の中学生の記録会には市内外から毎年多くの選手が集まり一年のスタートを切る。5月、6月には市民体育大会があり、特に小学生の部には800名近くの児童が集まり会場はその家族等の応援で大きく盛り上がる。7月になると、体育協会との共催でナイター陸上競技記録会が開催され、毎年、1000名を超える県内外から参加者があり、人気の高い大会となっている。特に高校インターハイの前哨戦として上位をねらう選手達が集まる。また、世界レベル大会の出場者も調整をかねて参加することもある。8月、9月は、県民体育大会の市原市代表選手を選び、10月の大会に挑む。近年は女子が常に上位争いをしている。
 10月になると市原市長距離記録会があり、高校、実業団を中心にいよいよ始まる駅伝シーズンに向けて多くの選手が記録を狙いに参加する、県内でも貴重な大会に成長している。11月には、市原市陸上選手権大会がトラックにおける最後の大会として実施され、一年間で最も多くの選手が最後の記録挑戦に集まる。12月にはロードリレー大会、1月には恒例の高滝湖マラソンの主管として協会あげて協力する。
 大会だけでなく選手強化として、小学生や中学生の練習会のために陸上競技場を借用し、小学生の陸上教室や、一般向けジョギング教室等への講師派遣、各種スポーツ行事への協力も積極的に実施し、市原市のスポーツ振興に努力している。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る