地域から愛されるチームへ

VONDS市原ソフトボールクラブ
渡辺 和久 監督

 市民クラブVONDS市原は、地域の総合スポーツクラブとして、トップチームであるFCの他に社会人クラブを3チーム擁している。男子サッカーのVert、女子サッカーのレディース、そして女子ソフトボールクラブ。総じて各チームの設立年数はまだ若いが、中でもソフトボールは昨年4月に始動したばかり。この新チームを率いているのが、木更津総合高校女子ソフトボール部で長年監督として貢献した、渡辺和久監督(55)だ。
 全国優勝17回、インターハイ優勝3回、国体優勝3回など、木更津総合の強さは全国に知られる。日本代表U19の監督としても、2008年にアジア選手権大会優勝、2010年に世界選手権大会準優勝を成した。かつての教え子たちは幾人もが全日本代表として活躍し、この夏、市原ほか県内で開催される世界女子ソフトボール選手権大会にも出場する。「VONDS市原ソフトボールクラブは、市原を代表するチームとして、最終的に最高峰の日本女子リーグ1部加盟と、その優勝を目指しています。現段階では、リーグ2部加盟が認められる、7月末の全日本クラブ女子ソフトボール大会でのベスト4が、第一目標。集まった選手たちのレベルは高く、試合ごとに伸びていますので、非常に楽しみです」と渡辺監督は話す。
 2年目の新しいチームに優秀な選手が揃う。なかなか難しいことだが、これも渡辺監督の指導力が鍵となった。木更津総合と全国のライバル校の卒業生たちが「監督の指導を受けられるなら」と入団してくれたという。「教員をやめて、まさかこういうことが起きるとは思っていなかった。非常に有り難かったですね」
 監督がソフトボールと出会ったのは高校のとき。出身の栃木で国体があり、中学野球で優秀な選手を強化指定校に集め、男子ソフトボールチームが作られることになった。渡辺監督は子供の頃から甲子園とプロに憧れた野球少年。ソフトボールに誘われて非常に迷ったが、地元のためならと決心した。結果は国体優勝、U19日本代表にも選出、そして世界大会優勝を飾る。「日本スポーツ賞まで受賞し、素晴らしい達成感や喜びをソフトボールからもらった。選手をやめるときに、その魅力や楽しさを伝えたいと中学教員として指導者の道を選び、その後、木更津総合からオファーを受けたときも、生涯ソフトボール中心でやりたいと決めました」。ソフトボールのルールは概ね野球と同じ。しかし全ての距離が約3分の2と短く、投手と打者の間も、ベース間もコンパクト。そのため走塁、ボール捌き、返球など、攻守のプレーが非常にスピーディーだ。また、日本代表の投手の弾は体感170キロ、VONDSの選手も約150キロで投げ、その迫力も魅力。「市原で世界大会も開催され、東京オリンピックもあります。ぜひこの機会にソフトボールの面白さを知って頂きたいですね」。

人間としての成長が大切

 チームの寮は牛久にあり、選手たちが住んでいるが、ここも監督とは縁が深い。1988年から1995年、南総中の教諭だった監督は、ソフトボール部で県大会に6回優勝。当然、学区の牛久には教え子もその保護者もいて、顔見知りも断然多い。「おかげで南総地域の方たちから、とても熱心に応援していただいて。有志の応援団ができたり、普段から練習場や寮へ選手たちに差し入れをくださったり。まさか市原に戻って20年前の縁が繋がるとは思ってもみませんでした」
 こうした周囲からの支援を、監督は「当たり前と思ってはいけない」と言う。「チームや選手が、普段から周囲に感謝と気遣いを持ち、一生懸命に仕事と練習をしなければ、職場や地域から応援していただけないでしょう。勝つことも大事ですが、選手の人間性の成長が何より大切です」。相手に思いやりがない、自分勝手な言動をするなどの選手は試合に出さない。中学高校と、子どもたちを指導してきた監督は、今もその基本を変えていない。「今は人生100年。しかし競技する期間は10年から20年と短い。しっかり人生を歩むには、道徳心や礼儀、公共ルールを守るなど、社会性がまず身についていること。それに、選手として能力が伸びるのも、やはり人として基本ができている子のほうが早い。今回、鹿児島で行われる全日本大会への遠征費用も、多くの方が快く支援してくださったのですが、これも選手たちがいつも職場で頑張り、地域の方と交流しているからだと思います」。街で選手たちと定期的にゴミ拾いをするのも、少しでも地域に恩返しを、という思いからだ。
 大事なのは、地域から愛されるチームになること。そして、その温かい応援の恩返しに、結果を出していくこと。「選手も私も練習が楽しくて仕方がない状態。チームとして非常にいい形です。試合には難しい局面が必ずありますが、そこを突破して、リーグ登録へのチャンスを掴みたいですね」と、監督は力強く話した。

問合せ VONDS市原
TEL 0436・75・2015

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る