相手の心に寄り添った絵手紙を描きたい

 「これが春菊の花?!」とビックリ!野菜の花は美しいものが多いが、こんなに愛らしい花は、なかなかないのでは。そんな花に負けないくらい輝くような笑顔で来場者に接していたのが本吉はつさん(70)。今年5月初旬、市内在住の本吉さんの絵手紙展が内田未来楽校で開かれた。『アートいちはら2018春』の会場になっており、カラフルで夢のような世界を演出したパラソルアートの展示が行われていた。ほっこりとしたぬくもりある絵手紙とのコラボは、どちらも手づくり感満載で、見るひとの気持ちを癒してくれるようだった。
 本吉さんが絵手紙を描き始めたのは早期退職した57歳のとき。「長年、観光会社で経理の仕事をしていたのだけど、実母の介護のために退職しました。でも、介護に明け暮れる生活に参ってしまい、なにか夢中になれるもの、介護生活のリフレッシュになる没頭できる趣味のようなものを持ちたいと思い、参加したのが『市原・童謡を歌う会』と絵手紙の講座でした」と、当時を振り返る。たまたま在職中に目にした絵手紙作品。いつか自分も描いてみたいと思っていたそうだ。以来、コツコツと独学で描き続けていった。
 「実は、21年前に父を亡くし、その後、立て続けに妹と夫を亡くしました。それで人生観や人に対する感謝の気持ちなど様々な想いが交錯し、描く意欲が高まったのです。あの頃は自律神経失調症や睡眠障害で心身のバランスを崩しましたが、描こうという意思を持ったことで、いい方向に考えられるようになったのだと思います」
 絵手紙に気持ちを込めて表現してみたら、送った相手がとても喜んでくれた。相手のことを思い浮かべ書き綴る文章に、送った相手から「自分のことを、こんなふうに見てくれていたのか」と喜ばれることが嬉しいという。

 書をたしなんでいたので、自分なりの絵手紙をとアレンジにも趣向を凝らした。「家族、親族、友人、お世話になった皆に感謝の心を表現しています。そうして14年間」、描き溜めた作品を発表したいと考えていたら、内田未来楽校の小出事務局長さんが、声をかけてくれ、初めての個展開催となりました」と本吉さん。
 今回の作品展示に際し、書き下ろしだけでなく、過去に送った人に、個展が終わったら返すと伝え、絵手紙を送ってもらった。来場した男性は、ある絵手紙を見て、自分はこの送り主を知っているが、よく彼のことを理解していると感心することしきりだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…
  2.  八千代市大和田新田にある京成バラ園では、6月13日(日)まで春のシーズンイベント『スプリングフェスティバル It's so in Bloo…
  3.  新型コロナウイルスのパンデミックのなか、2020年6月15日にスタートしたインスタグラム・プロジェクト「Artists' Breath」(…
  4. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る