相手の心に寄り添った絵手紙を描きたい

 「これが春菊の花?!」とビックリ!野菜の花は美しいものが多いが、こんなに愛らしい花は、なかなかないのでは。そんな花に負けないくらい輝くような笑顔で来場者に接していたのが本吉はつさん(70)。今年5月初旬、市内在住の本吉さんの絵手紙展が内田未来楽校で開かれた。『アートいちはら2018春』の会場になっており、カラフルで夢のような世界を演出したパラソルアートの展示が行われていた。ほっこりとしたぬくもりある絵手紙とのコラボは、どちらも手づくり感満載で、見るひとの気持ちを癒してくれるようだった。
 本吉さんが絵手紙を描き始めたのは早期退職した57歳のとき。「長年、観光会社で経理の仕事をしていたのだけど、実母の介護のために退職しました。でも、介護に明け暮れる生活に参ってしまい、なにか夢中になれるもの、介護生活のリフレッシュになる没頭できる趣味のようなものを持ちたいと思い、参加したのが『市原・童謡を歌う会』と絵手紙の講座でした」と、当時を振り返る。たまたま在職中に目にした絵手紙作品。いつか自分も描いてみたいと思っていたそうだ。以来、コツコツと独学で描き続けていった。
 「実は、21年前に父を亡くし、その後、立て続けに妹と夫を亡くしました。それで人生観や人に対する感謝の気持ちなど様々な想いが交錯し、描く意欲が高まったのです。あの頃は自律神経失調症や睡眠障害で心身のバランスを崩しましたが、描こうという意思を持ったことで、いい方向に考えられるようになったのだと思います」
 絵手紙に気持ちを込めて表現してみたら、送った相手がとても喜んでくれた。相手のことを思い浮かべ書き綴る文章に、送った相手から「自分のことを、こんなふうに見てくれていたのか」と喜ばれることが嬉しいという。

 書をたしなんでいたので、自分なりの絵手紙をとアレンジにも趣向を凝らした。「家族、親族、友人、お世話になった皆に感謝の心を表現しています。そうして14年間」、描き溜めた作品を発表したいと考えていたら、内田未来楽校の小出事務局長さんが、声をかけてくれ、初めての個展開催となりました」と本吉さん。
 今回の作品展示に際し、書き下ろしだけでなく、過去に送った人に、個展が終わったら返すと伝え、絵手紙を送ってもらった。来場した男性は、ある絵手紙を見て、自分はこの送り主を知っているが、よく彼のことを理解していると感心することしきりだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る