房総フラメンコプロジェクトが千葉を熱くする?

 市原市在住の菅家寿幹さん(41)が今年5月に立ちあげた『房総フラメンコプロジェクト ちばもす』。菅家さんがフラメンコを始めたのは今から15年ほど前。とあるイベントでフラメンコを見て衝撃を受けたことがきっかけだった。
 フラメンコ教室が盛んに経営されているのは都内のため、地元市原から仕事終わりや休日に通い続けた。「長年、千葉でフラメンコがもっと普及しないかと考えてはいましたが、特に行動には移さなかったんです。でも今年5月にふとSNSを通じて呼びかけてみたら、様々な方面から好意的な反応が得られました」と思いを話す。
 そして、千葉県からとった『ちば』とスペイン語で『さあ、一緒にやろう』という意味の『ばもす(Vamos)』をつなげた『ちばもす』がスタート。まず県と市の花である菜の花とコスモスを千葉県の形に添えたロゴを制作した。市原市職員の菅家さんは、フラメンコの活躍の場、競技人口の底上げと、話題性を作ることによる地域活性化を同時に目指す。
 「踊り手が舞台経験を積む上で一番苦労するのは集客です。集客不要で、かつ沢山の人達の前で踊れる舞台を多く生み出すことで、都内で活躍中の踊り手を呼び込み、千葉でより多くの人達が質の高いフラメンコを見られたり、踊り手の活躍の場が増えたりするのが理想」と熱く話す菅家さんだが、情熱の踊りフラメンコとは反して普段は感情をあまり表に出さないという。
 だが、「本当にやりたいと思えば熱意は必ず伝わるんです」と楽しそうに笑う。プロジェクトにはプロ、セミプロ、大学フラメンコ部、スペイン人の踊り手など、踊りやギター、歌と合わせて20数名が参加中。8月中旬には東京ドイツ村で初めてのステージを行い、ユニモちはら台ではステージ後にキッズフラメンコ体験を開催。実際に子ども達が衣装を着て、簡単なステップを踊ることができた。
 今後は、古民家レストランCANON、五井大市のほか、11月10日にアリオ市原でのイベントに出演予定。「行政イベントでは自身も南市原出身として、今後アートいちはらなどに機会があれば協力していきたい」とのこと。また「無償で子ども達へのフラメンコ指導など、地道に競技人口を増やし、話題性あるイベントを落下傘型ではなく地域から創り出したい」と、菅家さんは続けた。
 さらに、「まだホームページ等がないので、そこが今後の課題」と、更なる期待にも胸が躍る。あまり知られていない事実だが、フラメンコの競技人口はスペインに次いで日本が2位!もっと身近なダンスになる日も近い!?イベントの出演依頼、及び開催日時など詳細は問合せを。

問合せ 菅家さん 
rsc39788@nifty.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る