ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 You are what you eatと言う言葉が欧米にはあります。直訳すれば「貴方が食べるもの、それが貴方です。」と言ったところでしょうか?食品添加物が多く含まれたインスタントや加工食品などを毎日当たり前のように取って入れば、いつか身体は悲鳴をあげてしまいます。普段の忙しい生活の中ではなかなか難しいかも知れませんが、なるべく気をつける努力は出来る筈です。残念ながら日本の食品添加物や農薬の使用量は圧倒的に世界一。デンマークでは殆どの農家が有機野菜しか作らないそうです。何故なら消費者側が農薬の使われた野菜を買おうとしないから。つまり生産者側が有機農法でしか野菜を作らざるを得ないのです。社会的、風土的な背景から単純に比較する事は出来ませんが、一人一人の食の意識が変わればデンマークの様に私達も変わる事が出来るのも事実です。ヨーロッパの国々もまた数十年前までは日本と同じように大量の農薬を使った時代があったのですから。
 秋もそろそろ真っ只中、サーモンをスモークしてみたので魚料理と相性のいいディル(ハーブ)を使ってのサンドウィッチを作ってみました。

ライ麦パンのスモークサーモンサンドウィッチ
・材料(1人分)
ライ麦パン(カンパーニュ) スライス2枚、バター 大さじ 1、サニーレタス1枚、トマト大 、アボカド、スモークサーモン(各スライス )2枚ずつ、ブルーチーズ1シート、赤玉ねぎ(スライス)1枚、ディル 1枝、オリーブオイル 大さじ2、塩胡椒 少々
・作り方
①スライスした赤玉ねぎを水に浸して辛みを取っておく。
②トマトをオリーブオイルに浸し塩胡椒を軽く振る。
③パンの上にバターを塗り、下からサニーレタス、アボカド、スモークサーモン、トマト、ブルーチーズ、赤玉ねぎの順に乗せ、刻んだディルをちりばめ、もう1枚のスライスしたパンを上に乗せて出来上がり。
※ディル セリ科の一年草 、 整腸作用、鎮静、催眠、口臭予防 などの効果があります。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフの歩み平成の30年を振り返って―よりよい地域をめざして― 先月の「市原版」「長生夷隅版」に掲載した第1回に続く2回目。1982…
  2.  1月19日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された『変形ゴマを作ろう』講座。8人の参加者はコマ作りに入る前、まちのせんせいこと森眞一さんが…
  3. 俳画と文 松下桂紀 以前、私の句とそっくりな句をA紙で発見し、その経緯を報告したが、またも同様の事態が発生し驚いている。上掲の句が私。別人…
  4. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

ピックアップ記事

  1. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る