夢、健康、そして…ジュニアの育成と生涯スポーツとして

市原市卓球協会

 市原市卓球協会は、昭和38年の市原市市制施行、市原市体育協会の発会と共に、傘下の競技団体として生まれました。50年を越える歴史と共に、広い年代に多くの選手を抱える競技団体です。「見る」よりは「する」スポーツとして、また、小学生以下の年代の選手と80才を超える選手が同じテーブルの両サイドにいるという「頬笑ましくも温かい」、生涯を通して「する」ことのできるスポーツです。
 市内各体育館・公民館などには卓球台が整備され、連日、ピンポン球の音が響くということも少なくありません。更に各施設でのサークルやクラブ等の、団体での活動の多さにも驚かされるものがあります。卓球協会に登録している団体は85チーム。特に、シニアの方を対象にしたラージボール卓球を行う方々の元気さには目を見張るものがあります。このラージボール卓球は、協会として県内でもいち早く普及を図り、大会開催も行ない、現在の隆盛があります。90才を超える選手も大会には参加します。まさしく生涯スポーツといえましょう。
 一方、小・中学生、高校生、一般の選手では、特に小・中学生を主軸とした「トトロクラブ」は東日本・全日本の上位大会に県代表として出場し、入賞もしています。このクラブから巣立った選手も多く、その活躍が県内でも注目されています。
 卓球競技のこの10年間は、2012年ロンドンオリンピックでの女子団体銀メダルの獲得から、2016年リオデジャネイロオリンピックでの男女団体でのメダル獲得を皮切りに、最近では、「チョレー」の張本智和選手や女子の伊藤美誠選手などの10代の選手の活躍もあり、卓球が注目を浴びることが増えてきました。
 2020年には東京オリンピック。この大会には間に合わないかもしれませんが、次のオリンピックへの夢をつないでみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る