夢、健康、そして…ジュニアの育成と生涯スポーツとして

市原市卓球協会

 市原市卓球協会は、昭和38年の市原市市制施行、市原市体育協会の発会と共に、傘下の競技団体として生まれました。50年を越える歴史と共に、広い年代に多くの選手を抱える競技団体です。「見る」よりは「する」スポーツとして、また、小学生以下の年代の選手と80才を超える選手が同じテーブルの両サイドにいるという「頬笑ましくも温かい」、生涯を通して「する」ことのできるスポーツです。
 市内各体育館・公民館などには卓球台が整備され、連日、ピンポン球の音が響くということも少なくありません。更に各施設でのサークルやクラブ等の、団体での活動の多さにも驚かされるものがあります。卓球協会に登録している団体は85チーム。特に、シニアの方を対象にしたラージボール卓球を行う方々の元気さには目を見張るものがあります。このラージボール卓球は、協会として県内でもいち早く普及を図り、大会開催も行ない、現在の隆盛があります。90才を超える選手も大会には参加します。まさしく生涯スポーツといえましょう。
 一方、小・中学生、高校生、一般の選手では、特に小・中学生を主軸とした「トトロクラブ」は東日本・全日本の上位大会に県代表として出場し、入賞もしています。このクラブから巣立った選手も多く、その活躍が県内でも注目されています。
 卓球競技のこの10年間は、2012年ロンドンオリンピックでの女子団体銀メダルの獲得から、2016年リオデジャネイロオリンピックでの男女団体でのメダル獲得を皮切りに、最近では、「チョレー」の張本智和選手や女子の伊藤美誠選手などの10代の選手の活躍もあり、卓球が注目を浴びることが増えてきました。
 2020年には東京オリンピック。この大会には間に合わないかもしれませんが、次のオリンピックへの夢をつないでみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る