ライブペインティングで癒しのアートを体験

 昨年開催されたアートいちはら2018秋で、内田未来楽校で大いに盛り上がったイベント『音と世界のライブペインティング』。アトリエ育色工房の中山育美さんが、流れる音楽にのせて横10mの白い布へ鮮やかな絵を描いた。11月23日(祝)にはギタリストの古川茂男さん、12月1日(土)はシンガーソングライターの松本佳奈さんが優しい音色と声を届ける。
 「あえてテーマは設けないで、お二人の曲を聞きながら描く絵を決めていくつもりです。一度描いた絵を違う絵で上書きして消し、さらに違う姿が現れるので楽しんでみて欲しいです」と、中山さんは笑顔で話した。描かれる絵を想像しながらドキドキ待つ来場者。にっこりと笑うお日様に向けて、両手を広げた内田未来楽校が見えた途端、会場の雰囲気もほっこり。「普段、こういうアートに触れる機会がないので、とても楽しかったです。癒されました」と、市内から訪れた母娘。
 「廃校や使用されなくなった施設でライブをしています。今日はオリジナルの3つの物語を朗読しながら、曲を歌います」という、松本さんの詩からは大人が童心に返るようなものや家族の温かさが伝わる。「1回目は春と夏、2回目は秋と冬のイメージで描かれるように季節が巡っていきます。2019年の春には内田未来楽校を花でいっぱいにできたらいいねって話しているんです」と話す中山さんの作品は、今後、校舎内でカーテンとして引き続き使用されて行く予定。内田未来楽校が益々色鮮やかになっていくことは必至だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る