ライブペインティングで癒しのアートを体験

 昨年開催されたアートいちはら2018秋で、内田未来楽校で大いに盛り上がったイベント『音と世界のライブペインティング』。アトリエ育色工房の中山育美さんが、流れる音楽にのせて横10mの白い布へ鮮やかな絵を描いた。11月23日(祝)にはギタリストの古川茂男さん、12月1日(土)はシンガーソングライターの松本佳奈さんが優しい音色と声を届ける。
 「あえてテーマは設けないで、お二人の曲を聞きながら描く絵を決めていくつもりです。一度描いた絵を違う絵で上書きして消し、さらに違う姿が現れるので楽しんでみて欲しいです」と、中山さんは笑顔で話した。描かれる絵を想像しながらドキドキ待つ来場者。にっこりと笑うお日様に向けて、両手を広げた内田未来楽校が見えた途端、会場の雰囲気もほっこり。「普段、こういうアートに触れる機会がないので、とても楽しかったです。癒されました」と、市内から訪れた母娘。
 「廃校や使用されなくなった施設でライブをしています。今日はオリジナルの3つの物語を朗読しながら、曲を歌います」という、松本さんの詩からは大人が童心に返るようなものや家族の温かさが伝わる。「1回目は春と夏、2回目は秋と冬のイメージで描かれるように季節が巡っていきます。2019年の春には内田未来楽校を花でいっぱいにできたらいいねって話しているんです」と話す中山さんの作品は、今後、校舎内でカーテンとして引き続き使用されて行く予定。内田未来楽校が益々色鮮やかになっていくことは必至だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る