ライブペインティングで癒しのアートを体験

 昨年開催されたアートいちはら2018秋で、内田未来楽校で大いに盛り上がったイベント『音と世界のライブペインティング』。アトリエ育色工房の中山育美さんが、流れる音楽にのせて横10mの白い布へ鮮やかな絵を描いた。11月23日(祝)にはギタリストの古川茂男さん、12月1日(土)はシンガーソングライターの松本佳奈さんが優しい音色と声を届ける。
 「あえてテーマは設けないで、お二人の曲を聞きながら描く絵を決めていくつもりです。一度描いた絵を違う絵で上書きして消し、さらに違う姿が現れるので楽しんでみて欲しいです」と、中山さんは笑顔で話した。描かれる絵を想像しながらドキドキ待つ来場者。にっこりと笑うお日様に向けて、両手を広げた内田未来楽校が見えた途端、会場の雰囲気もほっこり。「普段、こういうアートに触れる機会がないので、とても楽しかったです。癒されました」と、市内から訪れた母娘。
 「廃校や使用されなくなった施設でライブをしています。今日はオリジナルの3つの物語を朗読しながら、曲を歌います」という、松本さんの詩からは大人が童心に返るようなものや家族の温かさが伝わる。「1回目は春と夏、2回目は秋と冬のイメージで描かれるように季節が巡っていきます。2019年の春には内田未来楽校を花でいっぱいにできたらいいねって話しているんです」と話す中山さんの作品は、今後、校舎内でカーテンとして引き続き使用されて行く予定。内田未来楽校が益々色鮮やかになっていくことは必至だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る