【市原市】シティライフの歩み-よりよい地域をめざして-平成の30年を振り返って

シティライフの歩み平成の30年を振り返って
―よりよい地域をめざして―

先月の「市原版」「長生夷隅版」に掲載した第1回に続く2回目。1982年の創刊以来、「よりよい地域をめざして」をテーマに発行してきたシティライフで、平成の30年間にどんな記事 が取り上げられたのか振り返っていきます。今回は平成11年から15年をピックアップします。

●平成11年(1999年)

21世紀までの5年間をカウントダウンする「ハロー21世紀」。4年目のテーマは「自立」。試練を越えて前向きに人生を送っている方、障がい者や福祉施設・社会復帰を目指す人の支援 活動などを取材しました。
 市原版はほぼ8ページが定着。外房版では2月から月2回発行となり、さらに4月からは月3回土曜発行へ。第1・第3土曜が山武郡(一部)から長生郡まで配布する「北エリア」、最終土 曜が山武郡(一部)から勝浦市まで配布する「南エリア」に変更。

●平成12年(2000年)

 「ハロー21世紀」キャンペーン・最終年は「久遠の生命に感謝」がテーマ。患者の交流会設立、出産や自然・芸術などで命の営みに関わる、地域のつながりを大切にする活動など、よりよ く生きていくために必要なことを考えました。3月には映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」の自主上映会を実施。9月からは交通安全祈願キャンペーン「ハートtoハート」で、交通 安全に関わる記事も連載。折り鶴とメッセージをボランティアが作り、協力店がドライバーに手渡して、交通事故減少を願いました。
 平成9年から毎週土曜発行していた市原版では、3月4日号で発行部数が8万5000部に、9月2日号では500号を達成。
 外房版は、3月4日号から北エリア版を増やし毎週土曜発行へ。10月からは、最終土曜日号を東金市と山武郡中心の「東金エリア版」、茂原市から勝浦市まで配布する「南エリア」版の同 時発行に。

ハートtoハートの詳しい記事はWEBサイトにて公開中▶ 
https://www.cl-shop.com/city-life/ichihara/2019/02/09/28539/

●平成13年(2001年)

 21世紀を迎えたこの年は、テーマを「新たなる道程(みち)も手を取り合って」に。プロを目指す、仲間や夫婦で地域や社会貢献・教育に関わるなど、新しいことにチャレンジしている人や、第二の人生を歩んでいる人を取材し
ました。
 1月1日号から、これまで発刊以来縦書きだった情報コーナー、市原版「コミュニティひろば」・外房版「らいふ通信」をともに横書きにし、日時や電話番号を見やすく変更。市原版では、 3月10日号からページの半数がカラー刷りに。

●平成14年(2002年)

 創刊20周年を迎え、記念イベント・読者親子自然体験プログラム「ネイチャーフレンズ」を主催。スタッフ含め総勢90名で、夏休みに養老川の自然観察会を実施しました。記事の年間テ ーマは「絆(きずな)」で、里親や介護、夫婦、親子、苦しい境遇を分かち合う仲間など、人と人の結びつきを通し、支え合い生きる方たちを取材。
 市原版では、全ページフルカラーの発行が増加。外房版は、6月1日号から表紙をフルカラー刷り、中面の刷り色を藍から黒に変更。

●平成15年(2003年)

 年間テーマは「まちづくり」。母親・外国の方などの居場所づくり、高齢者や障がい者支援、祭りやスポーツなどでの活性化、環境改善や安全づくりなど、地域を元気にする取組みを紹介し ました。
 市原版は、8ページ版と4ページ版の同時発行や16ページ版ができるなど、発行総ページも増加し、6月からは全ページ・カラー刷りへ。
 外房版は3月から全ページがカラー刷りに移行。

シティライフの「つながり」 

 この5年間は、どの地域でも、様々な分野で多くの方がネットワークを作り、人や地域のつながりの大切さを重視してきたように思います。シティライフの毎年のテーマも、その「つながり 」を追ったものでした。熱意ある方々による長年の活動が多く、それがたくさんの人の支えとなり、同時に地域づくりの支えにもなっていました。 次回は平成20年までを振り返ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る