ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今ではしっかり根を張り大きく成長しました。
種は小さな宇宙と言いますが、その生命力には感心させられます。苗にはそれぞれ、のんびりとした者、慌てた様に急いで顔を出す者、ひょろっと伸びた、或いは短くても茎がしっかりとした者など、個性があるようです。限られた畑のスペースでは間引きせねばならず、自分の子供の様に育てた苗を選択しなければならない事に、毎回ながら心が痛んでしまいます。
今回は英国の伝統的なデザート、ブレッド&バタープディングを焼いてみました。紅茶と一緒に 召し上がる事をお勧めします。

・材料
食パン6枚、バター30g、シナモンパウダー小さじ 2、牛乳150ml、生クリーム100ml、卵2個、グラニュー糖30g、レーズン40g、ナツメグパウダー小さじ1
・作り方
1. パンの耳を全部切り落とし、片面に室温に戻しておいたバターを塗る。
2. 1を対角線で切って三角形にし、耐熱容器にバターを塗った面を上にして並べる。
3. その上にレーズンを散りばめ、シナモン&ナツメグパウダーを満遍なく振る。
4. パンが余ったら3に重ねて、レーズン、シナモンパウダーを振りかける。
5. 鍋に牛乳と生クリームを入れ、弱火で温める(沸騰させない様に注意)。
6. ボウルの中に卵を入れ、砂糖を加えてかき混ぜる。
7. 6の中に温めた牛乳と生クリームを入れ、良くかき混ぜる。
8. パンを並べた容器の中に7を注ぎ、充分に浸るまで10分程放置しておく。
9. オーブンを180度に温め、8を入れ30分ほど、上の部分がこんがり色付くまで焼き上げる。熱いうちに食べた方が美味しく召し上がれます。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る