こでまりの夢 ~子育て四訓 ~

「子育て四訓」とは、教育者のAさんが長年の教育経験をまとめたものだそうです。1、乳児はしっかり肌を離すな。2、幼児は肌を離せ。手を離すな。3、少年は手を離せ。目を離すな。4、青年は目を離せ。心を離すな。
この教訓はとても理にかなっていて、専門的に言えば『発達の段階』を踏まえたものです。1の『乳児はしっかり肌を離すな』は、乳児は愛着の形成時期だから。スキンシップが少なく、ほったらかしにされた赤ちゃんは愛着が形成されにくく、親子の絆や自己肯定感などにも影響します。成長してから、その影響は深刻になるかもしれません。しかし、この教訓通りに乳児の時にしっかり肌を離さず、スキンシップを取れば、親子の絆や愛着が形成されるため、幼児期になってから肌を離しても大丈夫、ということになります。
愛着と自己肯定感が育っている子どもの幼児期は、好奇心旺盛で活発になります。事故も多くなるため、交通量の多いところなどでは手を離してはいけません。ギャングエイジと言われる少年期は、目を離せない時期。集団で、やってはいけないことをやりがちです。しっかり目を離さないことが肝心です。青年期になれば、自分のことは自分で決めて行動しますが、失敗することも多々あるもの。目は離しても、心は離さないように。
子育て四訓は、子育てのポイント。これを心において、子どもを育てましょう。
中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る