児童虐待から守ろう 子ども家庭総合支援拠点を設置 【市原市】

 年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談が寄せられています。 国では2022年までに、全国各市町村で「子ども家庭総合支援拠点」の設置を目標にしていますが、市原市はこの11月1日に、家庭児童相談室に同拠点を設置しました。子どもや保護者に寄り添い、継続的にきめ細かい支援をするため、専門資格を有する職員を増員し強化。児童相談所や子育てネウボラセンター、各学校などの関係機関と連携を密にし、それぞれの子どもたちに合った支援を行います。


◇拠点体制
・正職員3名:保健師2名・事務職1名
・家庭児童相談員(嘱託)11名(うち6名が今回増員):社会福祉士5名、保育士1名、精神保健福祉士2名、教員免許所持者1名、心理学科卒業者2名

◇児童虐待とは?
・身体的虐待:殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせるなど
・心理的虐待:言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるうなど
・ネグレクト:家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、車の中に放置する、重病でも病院に連れて行かないなど
・性的虐待:子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど


問合せ:家庭児童相談室
TEL.0436・23・9746

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る