第7回 市原湖畔美術館 子ども絵画展 2020.2.1(土)~3.1(日)

毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアーティストが構成し、空間全体が子どもたちのあそび場のような、年代問わず楽しめる美術展です。
 今回のテーマは「わたしの好きな・好きだったもの」。集まった約5500点から入選した約300点の作品が展示されます。会場構成はアーティスト・鬼頭健吾。彼が作り出す色鮮やかな作品もともにコラボレーションし、車やフラフープなど、身近なものでカラフルに作られた作品は、子どもたちの「好き」な気持ちをより豊かに彩ります。

◇会場構成:鬼頭健吾
 1977年、愛知県生。シャンプーボトル、スカーフなど日常の既製品を使い、カラフルさ、鏡やラメの反射、モーターによる動きなど、回転や循環を取り入れた大規模なインスタレーション、立体や絵画、写真など多様な表現方法で作品を発表。人工的な色彩感覚や輝きと、生命体や宇宙を感じさせるような広がりを混在させています。

◇イベント:館内スタンプラリー
館内の5カ所にスタンプポイントを設置。5つのスタンプを集めると、子ども絵画展オリジナルグッズがもらえます。先着1000名、ひとり1回のみ。

◇館外展示:小湊鐡道×市原湖畔美術館号
小湊鐡道㈱の協力のもと、入賞・入選作品を車両内やヘッドマークとして展示。「走る美術館」として、市原の暮らしに子どもたちの「好き」を届けます。2月15日(土)までの(土)(日)(祝)限定。五井駅発10時10分、上総中野駅発11時31分(乗車料金は別途)。
※運行時間が変更となる場合あり。利用の際は、事前に小湊鐡道株式会社まで確認を。
TEL.0436・21・6771

■開館時間
平日10~17時、土・休前日9時半~19時、日・休日9時半~18時
※最終入館は、閉館時間の30分前まで
■休館日
月曜日(休日の場合、翌平日が休館)
■料金
一般400円/大高生・65歳以上の方300円
※中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料
■お問合せ
〒290-0554 千葉県市原市不入 75-1 Tel.0436-98-1525

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る