第7回 市原湖畔美術館 子ども絵画展 2020.2.1(土)~3.1(日)

毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアーティストが構成し、空間全体が子どもたちのあそび場のような、年代問わず楽しめる美術展です。
 今回のテーマは「わたしの好きな・好きだったもの」。集まった約5500点から入選した約300点の作品が展示されます。会場構成はアーティスト・鬼頭健吾。彼が作り出す色鮮やかな作品もともにコラボレーションし、車やフラフープなど、身近なものでカラフルに作られた作品は、子どもたちの「好き」な気持ちをより豊かに彩ります。

◇会場構成:鬼頭健吾
 1977年、愛知県生。シャンプーボトル、スカーフなど日常の既製品を使い、カラフルさ、鏡やラメの反射、モーターによる動きなど、回転や循環を取り入れた大規模なインスタレーション、立体や絵画、写真など多様な表現方法で作品を発表。人工的な色彩感覚や輝きと、生命体や宇宙を感じさせるような広がりを混在させています。

◇イベント:館内スタンプラリー
館内の5カ所にスタンプポイントを設置。5つのスタンプを集めると、子ども絵画展オリジナルグッズがもらえます。先着1000名、ひとり1回のみ。

◇館外展示:小湊鐡道×市原湖畔美術館号
小湊鐡道㈱の協力のもと、入賞・入選作品を車両内やヘッドマークとして展示。「走る美術館」として、市原の暮らしに子どもたちの「好き」を届けます。2月15日(土)までの(土)(日)(祝)限定。五井駅発10時10分、上総中野駅発11時31分(乗車料金は別途)。
※運行時間が変更となる場合あり。利用の際は、事前に小湊鐡道株式会社まで確認を。
TEL.0436・21・6771

■開館時間
平日10~17時、土・休前日9時半~19時、日・休日9時半~18時
※最終入館は、閉館時間の30分前まで
■休館日
月曜日(休日の場合、翌平日が休館)
■料金
一般400円/大高生・65歳以上の方300円
※中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料
■お問合せ
〒290-0554 千葉県市原市不入 75-1 Tel.0436-98-1525

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る