STOP!犯罪 移動交番で地域の防犯を【市原市】

◇地域の防犯に、移動交番の活用を
 安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警察官2名と移動交番相談員1名が配備され、うちひとりは女性です。各種届け出を受けたり、周辺の警戒やパトロール、時には防犯講話なども行います。
移動交番は平日の午前と午後、市内公民館などの公共施設、アリオやユニモなどの大型店、総合病院ほかを1日2カ所巡回し、開設。時間は基本、各1時間から1時間半。不審者などの防犯につながることがあれば、ぜひ情報提供や相談を。
(担当:市原警察署地域課)

◇電話de詐欺、被害続出中! アポ電に注意!
今年1月初旬から市原市内全域に、警察官や銀行員等を騙る電話de詐欺の前兆電話が多数かかってきています。アポ電の中には、「市原警察署生活安全課●●です」と氏名を名乗り、あたかも被害が真実であるかの如く言葉巧みに騙してきます。
今後、同様の電話や現金、キャッシュカードを取りに行く等といった不審電話がかかってくるかもしれません。もし、このような電話が自宅にかかってきたら、それは「詐欺」です。必ず、警察への通報をお願いします。
・市原警察署 生活安全課
TEL.0436・41・0110

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る