ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 サンコウチョウとその取り巻き

 毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさせ、胴の長さの3倍もある尾羽がスタイリッシュ感を与えてくれる美しい野鳥だ。「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」と軽やかにさえずり、容易に存在を確認することができる。その「ツキヒーホシ」が「月日星」と聞こえることから「三光鳥」と名付けられたと聞く。
 市原近郊では、ある森が繁殖地として有名になり、その美しい姿を求めて毎年県内外から多くの観察者やカメラマンが来場、大賑わいとなる。そのため、一部のカメラマンのマナーに起因するトラブルがあると聞く。特に営巣場所近くで、撮影用の三脚で通路を塞ぐ、場所取り争い、撮影のために既設の観察路以外に道を作るなどのトラブルを耳にする。最も深刻なのは、人の存在やストロボ使用でサンコウチョウにストレスを与え、巣を放棄させてしまう繁殖妨害である。野鳥にとっては、致命的である。
 デジタルカメラの普及による野鳥カメラマンの急増、ネット情報による多くの人の来場、野鳥を見守るというよりも写真撮影を優先させる行動、それらがトラブルの背景にあると考えられる。サンコウチョウの美しい姿と軽やかなさえずりを次世代に残していくためにも、野鳥を優しく見守り、人と自然の共生を育むことが必要であると感じる。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る