ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 サンコウチョウとその取り巻き

 毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさせ、胴の長さの3倍もある尾羽がスタイリッシュ感を与えてくれる美しい野鳥だ。「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」と軽やかにさえずり、容易に存在を確認することができる。その「ツキヒーホシ」が「月日星」と聞こえることから「三光鳥」と名付けられたと聞く。
 市原近郊では、ある森が繁殖地として有名になり、その美しい姿を求めて毎年県内外から多くの観察者やカメラマンが来場、大賑わいとなる。そのため、一部のカメラマンのマナーに起因するトラブルがあると聞く。特に営巣場所近くで、撮影用の三脚で通路を塞ぐ、場所取り争い、撮影のために既設の観察路以外に道を作るなどのトラブルを耳にする。最も深刻なのは、人の存在やストロボ使用でサンコウチョウにストレスを与え、巣を放棄させてしまう繁殖妨害である。野鳥にとっては、致命的である。
 デジタルカメラの普及による野鳥カメラマンの急増、ネット情報による多くの人の来場、野鳥を見守るというよりも写真撮影を優先させる行動、それらがトラブルの背景にあると考えられる。サンコウチョウの美しい姿と軽やかなさえずりを次世代に残していくためにも、野鳥を優しく見守り、人と自然の共生を育むことが必要であると感じる。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る