ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 サンコウチョウとその取り巻き

 毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさせ、胴の長さの3倍もある尾羽がスタイリッシュ感を与えてくれる美しい野鳥だ。「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」と軽やかにさえずり、容易に存在を確認することができる。その「ツキヒーホシ」が「月日星」と聞こえることから「三光鳥」と名付けられたと聞く。
 市原近郊では、ある森が繁殖地として有名になり、その美しい姿を求めて毎年県内外から多くの観察者やカメラマンが来場、大賑わいとなる。そのため、一部のカメラマンのマナーに起因するトラブルがあると聞く。特に営巣場所近くで、撮影用の三脚で通路を塞ぐ、場所取り争い、撮影のために既設の観察路以外に道を作るなどのトラブルを耳にする。最も深刻なのは、人の存在やストロボ使用でサンコウチョウにストレスを与え、巣を放棄させてしまう繁殖妨害である。野鳥にとっては、致命的である。
 デジタルカメラの普及による野鳥カメラマンの急増、ネット情報による多くの人の来場、野鳥を見守るというよりも写真撮影を優先させる行動、それらがトラブルの背景にあると考えられる。サンコウチョウの美しい姿と軽やかなさえずりを次世代に残していくためにも、野鳥を優しく見守り、人と自然の共生を育むことが必要であると感じる。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る