ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 サンコウチョウとその取り巻き

 毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさせ、胴の長さの3倍もある尾羽がスタイリッシュ感を与えてくれる美しい野鳥だ。「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」と軽やかにさえずり、容易に存在を確認することができる。その「ツキヒーホシ」が「月日星」と聞こえることから「三光鳥」と名付けられたと聞く。
 市原近郊では、ある森が繁殖地として有名になり、その美しい姿を求めて毎年県内外から多くの観察者やカメラマンが来場、大賑わいとなる。そのため、一部のカメラマンのマナーに起因するトラブルがあると聞く。特に営巣場所近くで、撮影用の三脚で通路を塞ぐ、場所取り争い、撮影のために既設の観察路以外に道を作るなどのトラブルを耳にする。最も深刻なのは、人の存在やストロボ使用でサンコウチョウにストレスを与え、巣を放棄させてしまう繁殖妨害である。野鳥にとっては、致命的である。
 デジタルカメラの普及による野鳥カメラマンの急増、ネット情報による多くの人の来場、野鳥を見守るというよりも写真撮影を優先させる行動、それらがトラブルの背景にあると考えられる。サンコウチョウの美しい姿と軽やかなさえずりを次世代に残していくためにも、野鳥を優しく見守り、人と自然の共生を育むことが必要であると感じる。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る