こでまりの夢 ~絵本の読み聞かせ~

 今日は、絵本の読み聞かせについて、保育の専門的な観点からお話したいと思います。
 子どもたちは、お話がはじまると、ドキドキ・ワクワクしながら絵本の中に入り込みます。大好きなお母さん、お父さん、保育園や幼稚園の先生等に読んでもらう嬉しい時間です。ただ単に、知育的な意味だけではない、心の栄養になっています。ですから、読み聞かせの絵本は、年齢に合った楽しめるものを選ぶと良いでしょう。
 幼児は絵本の読み聞かせにより、言葉の語彙が格段に増えていきます。話し言葉だけでは、語彙はなかなか増えません。例えば、『スイミー』(レオ=レオニ作)の絵本の中で、「ところが、ある日…」、「一ぴきのこらずのみこんだ」という文章が出てきますが、話し言葉ではこのようには話しませんね。読み聞かせをすることで語彙力が増し、年長児になる頃には幼年童話へと進み、小学生では読書を楽しめるようになっていきます。
 ゲームやYouTube等を見過ぎている子どもは、画像が一方的に入ってくるため、想像力が育ちにくく、話を集中して聞けなくなる可能性が高いそうです。小学校以降の教科書学習にも影響しますので、幼児期にはたくさん絵本を読んであげるようにましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション㈱代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。 Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る