こでまりの夢 ~絵本の読み聞かせ~

 今日は、絵本の読み聞かせについて、保育の専門的な観点からお話したいと思います。
 子どもたちは、お話がはじまると、ドキドキ・ワクワクしながら絵本の中に入り込みます。大好きなお母さん、お父さん、保育園や幼稚園の先生等に読んでもらう嬉しい時間です。ただ単に、知育的な意味だけではない、心の栄養になっています。ですから、読み聞かせの絵本は、年齢に合った楽しめるものを選ぶと良いでしょう。
 幼児は絵本の読み聞かせにより、言葉の語彙が格段に増えていきます。話し言葉だけでは、語彙はなかなか増えません。例えば、『スイミー』(レオ=レオニ作)の絵本の中で、「ところが、ある日…」、「一ぴきのこらずのみこんだ」という文章が出てきますが、話し言葉ではこのようには話しませんね。読み聞かせをすることで語彙力が増し、年長児になる頃には幼年童話へと進み、小学生では読書を楽しめるようになっていきます。
 ゲームやYouTube等を見過ぎている子どもは、画像が一方的に入ってくるため、想像力が育ちにくく、話を集中して聞けなくなる可能性が高いそうです。小学校以降の教科書学習にも影響しますので、幼児期にはたくさん絵本を読んであげるようにましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション㈱代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。 Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る