コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種類かブレンドし、自分だけのオリジナルハーブティー作り、蜂蜜やレモン、ジンジャー、シナモンなどを組み合わせて飲んでいます。最近、家でアフタヌーンティーをするためのケーキスタンド(3段式のお皿)を購入してしまいました。そのうちにうっかり割ってしまいそうなのであまり高価なものは選びませんでしたが、まさか自分がこの様なエレガントな物を買ってしまうなんて思いもしませんでした。
  天気の良い暖かい休日には外のテーブルで春の日差しを浴び、庭を眺めながら午後の紅茶をいただきます。英国では1番下のお皿に胡瓜を使ったサンドウィッチ、真ん中のお皿にスコーン、そして1番上のお皿にはケーキなどのスイーツを置くのが定番です。下から順番に食べて行くのがマナーで、先ずはサンドウィッチから。それを食べ終えると今度は2段目のスコーン。クロテッドクリームと言うバタークリームのような濃厚なクリームを使いますが、日本では手に入りにくいためにホイップクリームを使う事が多いようです。スコーンを2つに割り、ストロベリーやブルーベリーなどのベリー系のジャムを表面に塗った上からクリームをたっぷりと乗せていきます。スコーンそのものは水分が少なめで割合パサパサとしているので、温めたミルクを入れた紅茶と一緒に食べる事によって口の中に水分が広がり、スコーンの風味が一段と広がっていきます。
 そしてスコーンを食べ終えたら最後に上段のデザート。甘さのあるクリームとジャムを塗ったスコーンを食べた後はさっぱりとした滑らかな舌触りの物が欲しかったので、紅い彩りが綺麗なローズヒップのゼリーを置いてみました。上からメープルシロップをたっぷりとかけていただきます。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る