いちはらふるさと点描 ~養老川河口~

 市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から大人までの太公望が釣りを楽しんでいる。
 私は釣りをしないので最近まで近づいたことは無かったが、たまたまカメラを持って行ってみた。桟橋に入ってみると、市原市の工場地帯から富士山まで一望なのを発見した。特に興味を持ったのは、幕張地区のビル群が近くに見え、海釣り公園と幕張ビル群の間を大小の船が行き来していることであった。それ以降海釣り公園と養老川臨海公園に写真を撮りに行くようになった。その写真の中の1枚である。
 船の名前はジュゴン・エース(DUGONG ACE)、総トン数6万3100トン、自動車運搬船である。製造年は2019年3月と新しい。船の色が海と空にマッチングし非常にきれいな船体として撮影できた。船体にMOLと言う大きな文字が入っているが、運航会社が三井商船であることを示している。
 背景に写っている場所は千葉市から船橋市の東端。東京タワーに似た塔が有るが、千葉テレビの電波塔のようで、船橋の東京タワーと言われているそうだ。
(サイクルフォト 吉原英夫)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る