いちはらふるさと点描 ~里山を走る小湊鉄道~

 緑の田んぼや里山を縫って走る朱色の列車、青い空にはぽっかり浮かんだ白い雲、こんな風景に出会うと仕合せな気分になります。
 退職後、南市原写真クラブに入会し先輩方の素晴らしい写真に触れ、私もこんな写真を撮りたいと数日掛けて沿線全線を散策したのが、小湊鉄道写真撮影の始まりでした。
 光風台駅近辺から高滝駅にかけての田園地帯では、田植え前に張った水への映り込みに始まり、早苗、青田、実りの秋へと長期間に渡って田んぼの風景に列車が彩を添えてくれます。
 でも、何といっても一押しは菜の花と桜が咲く季節です。地元の方々のご尽力により花は沿線全線で見られますが、特に高滝駅から養老渓谷駅にかけて見応えのある場所が多く、掲載の写真も昨年3月下旬に上総大久保駅で撮ったものです。
 小湊鉄道の魅力はファイアーオレンジとモーンアイボリーのツートンカラーです。旅番組等で全国のローカル列車を目にしますが、田園地帯や里山風景等の自然に最も映えているのがこの小湊カラーではないでしょうか。
(南市原写真クラブ 折野道雄)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る