福祉会館で笑顔溢れるヨーガ【市原市】

 毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシスタント4名のもと、参加者8名がゆったりと体をほぐしている。

 

 当教室が開始したのは、今から3年半前のこと。館長の中村秀一さんは、「以前、小林さんが同館で聴覚障がい者向けのヨーガ教室をされていたことがあり、とても楽しそうに教えている方だなと思っていたんです」と、きっかけ話す。そして、「同館をより活用しようと議題になり、何をしようかと考えました。ご利用いただく皆さんの健康のことを考え、体にいいコトを主催したかった。障がいをお持ちの方への指導を行う講師を見つけるのは難しいかもしれない、とも懸念していたのですが、小林さんに打診すると快諾だったので嬉しかったですね」と振り返る。同館職員も、「ヨーガ教室の参加者は60、70代の女性8名ですが、みなさんとても楽しそうです。私たちの企画の狙い、ピッタリです!」と喜んでいる。

館長の中村さん(左端)、小林さん(左から2番目)とアシスタントの皆さん

 教室での1時間半のうち、ヨーガの内容も様々。「足を揉んだり、体を前に倒したり、反ったりします。私が意識しているのは、『楽しむ』ということ。現在は視覚障がいがあっても、みなさん以前は視力があった方です。口で状況を説明しながら、みんなで声を上げて笑っています」と、小林さん。例えば、ヨーガにあるネコのポーズ。誰よりもネコに近い動きをしている参加者に小林さんが、「あら、本当にネコのようですよ」と声をかける。参加者は、「私、本当は犬派なんだけどね」と返して笑いが起こるのだ。参加者たちの脳内では、それぞれ見事なネコが描かれていることだろう。そして、アシスタントは参加者2名につき1人がつく。だが、すぐに手を貸すわけではない。「私は、脳を使って彼女たちが自分で動くように説明をしています。つまり、いきなり手取り足取りでサポートするわけではないんです。もちろん言葉だけでは分からず、最終的に手を貸すことはあります。ただ、みなさん本当に一生懸命に取り組まれています」と、嬉しそうに話した。教室を通して、参加者たちの表情も明るくなり、仲も良い。彼女たちからは、「先生の説明がとても分かりやすい」「体を動かすと、帰る時にはとっても軽くなる」「呼吸法が合っていたのか肺活量が上がって、趣味でやっているオカリナも上手になった」など多くの声が上がっている。

 いつも、教室が終わるのはあっという間だ。小林さんは、「健常者でも老後は自分の面倒を見なければならない時代。今後も健康維持に福祉会館を利用する方が増えて欲しいです。会館へは送迎バスも出ていますので、興味のある方はぜひいらしてください」と続けた。詳細は問い合わせを。

 

問合せ:市原市福祉会館 Tel.0436・23・1331

 

『この記事のご感想をお聞かせください』


男性女性


10代20代30代40代50代60代以上


とてもよかったよかったどちらでもないよくなかったとてもよくなかった


毎週読んでいる月に2回ほど読んでいる月に1回ほど読んでいるあまり読んでいない

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る