こでまりの夢~保育園という場所~

 新年度になり、新入園児さんたちの緊張した顔や、ワクワク・ドキドキの保護者の皆様の心持ちが伝わってきそうな今日この頃です。今日は、保育園の園長という立場から、保護者の皆様へ保育園についての考え方をお伝えしてみたいと思います。

 子どもは、家族や地域のたくさんの人に支えられて成長していきます。従って、保育園というところは、家庭と協働で子育てをする場所なのです。ですから、私たち保育者と保護者の間に上下関係はなく、保護者の皆様と共に子育てをするパートナーと捉えていただければと思います。

 入園してから卒園するまでの数年間、子どもたちは目を見張る成長を遂げていくことでしょう。それは、親の成長とも言えるものです。子どもが1歳なら、親年齢(親歴)も1歳。子どもが5歳なら、親年齢(親歴)も5歳ですね。親子で共に成長することを楽しんでください。そして、園児同士でのケンカやトラブル等も成長の過程では必要な経験です。お互い様の大らかな気持ちを持って見守ることも必要です。

 それでも、お家でのお子さんのお話と事実が違っていたり、迷いや悩みが出てきたりすることでしょう。でも子どもはすぐに仲直りして、何事もなかったかのように遊ぶことも多いものです。何かあれば担任や主任・園長先生に相談してみましょう。楽しい園生活を送れますように。

 

◇中嶋 悦子(なかしま えつこ) 1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。 Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る