ふるさとビジター館 自然探訪~良い匂いを持つジャコウアゲハ~

【写真右】ウマノスズクサに産卵するジャコウアゲハ

 

 黒色のアゲハチョウには、いくつか種類があるが、一般的には「クロアゲハ」と一括りにされてしまうことが多い。その種類は、尾状突起(翅の後部にある細長い突起)の有無や翅の白斑や赤班などで見分けることができる。今回紹介するジャコウアゲハは、腹部に赤色の帯状に連なった斑紋がある。この模様があるのは、本州に生息しているアゲハの仲間ではジャコウアゲハだけなので、お腹を見れば容易に見分けがつく。

 ところで、ジャコウアゲハの名前は、オスの成虫が腹部から麝香(ジャコウ)のような匂いを発生させることに由来していると言われる。ジャコウとは、雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料、生薬の一種で、甘いバラの香り、みずみずしい草の香りと表現されるようである。ジャコウアゲハのオスが発するこの匂いはメスを引き寄せるという役目をもっている。さらに、この匂いを好むのはチョウだけではないらしい。匂い成分・フェニルアセトアルデヒドが含まれる香水や香料は、世の女性たちも引き付けて止まないようだ。

 ジャコウアゲハは、毒を持つチョウでもある。幼虫が食べるウマノスズクサ類の葉にはアルカロイド系の毒が含まれ、体内に蓄積されたこの毒は、チョウに羽化した後も一生を通して体内に残る。そのため、ジャコウアゲハを食べた捕食者は中毒をおこし、捕食したものをほとんど吐き出してしまう。ジャコウアゲハを捕食して中毒を経験した捕食者は、ジャコウアゲハを捕食しなくなると言われる。

 良い匂いを発しながら、自ら毒となり天敵を追い払うという何とも不思議なジャコウアゲハ。皆さんも、このチョウの匂いを嗅いでみたいと思いませんか?
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

 

◇ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る