ふるさとビジター館 自然探訪~実はハイスペック・昆虫のケラ~

 夜、耳を澄ますと「ジー」と鳴く声が聞こえます。その正体は土の中にいるケラです。

 ケラは「手のひらを太陽に」の歌詞に登場し、誰もがその名を口にしたことがあるかと思います。また、お金がなくなったときの「オケラになる」とか、何の役にも立たない存在を意味する「虫ケラ」という言葉もありますが、これはケラが良くも悪くも、人にとっては何も役に立たないことが由来とされているそうです。昔から身近にいるケラの小さな体や動作のかわいらしさも、人々の心を掴んで歌や言葉になってきたのかもしれませんね。

 そんなケラですが、実は地中、陸上、水、空の全てを移動できるハイスペックな昆虫なのです。モグラのような立派な前脚で土を掘り地中を自由自在に動く、陸上を早く歩く、羽があり空を飛ぶ、体の毛に撥水性があり水に沈まず泳ぐことができる、と総合力はバツグンです。

 ケラは、湿った場所、特に田んぼなどの環境を好み、一生のほとんどを地中で過ごしているので、姿を見かけることはなかなかありません。さらに近年、田んぼなどが減少している都市部では、ケラの生息数も減少しつつあるとのことです。

 パートナーを探す春~夏にかけての夜、繁殖に適した場所や、街灯のまわりを探してみると、飛来するケラに出会えることがあるかもしれません。

(ナチュラリストネット/時田良洋)

 

◇ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る