市制施行60周年記念事業『エンジン01 in 市原』2024年1月26日(金)~28日(日)開催~9月30日(土)夢ホールにてプレイベントも~【市原市】

 市原市は市制施行60周年を記念し、『エンジン01(ゼロワン)in市原』を2024年1月26日(金)~28日(日)に開催する。先月8月25日、市原市役所にて合同記者会見が開かれ、『エンジン01文化戦略会議』からは、大会委員長・勝間和代さん、大会副委員長・和田秀樹さん、実行委員・南美希子さん、アートディレクター・浅葉克己さん、市原市の実行委員会からは、会長・小出譲治市原市長、副会長の千葉日報社・中元広之社長と市原商工会議所・榊原義久会頭が出席した。開催テーマは『イチハラ、ハピネス。』。「若い人がイチバン集まりたくなる街イチハラへ!」との思いが込められ、浅葉さん作成によるテーマデザインが発表された。

昨年(岐阜)の講座にて

 勝間さんは、「エンジン01文化戦略会議には250人もの文化人が名を連ね、『エンジン01』は、年に一度開催するオープンカレッジです。今年度の開催地・市原は今までで一番東京に近い場所。様々な分野の第一線で活躍する有識者がボランティアで集結し、地域の人々との交流を図ります」と説明する。3日間の会期で多様なテーマに沿った講座やイベントが、帝京平成大学や市原市市民会館などを会場に開催される。和田さんは、「首都圏でも文化人と直接話す機会は少ない。『夜楽』では、地元の店で講師と市民が一緒に飲んでしゃべって、オフレコ的な話も聞ける。楽しいですよ。中高生向けには無料でハローワークの講座もあって、成功を収めたプロの話をきいて、『自分もなりたい、どうしたらなれるか』と考えるいい機会になります」。南さんは「参加者のみなさんは講座が終わるといつも、『本当に来てよかった、勉強になった』と笑顔で言ってくださいます。都心から近いにもかかわらず、緑豊かな市原の良さを発信したい」と話す。

 小出市長は、「良質な学びに触れるまたとない機会です。学びの街市原を目指し、一過性の祭典ではなく『エンジン02・03』と将来に繋げていきたい。市民の皆様、市外からももちろん結構です。ぜひあらゆる機会をとらえて参加していただきたい」と熱心に語る。3日間のプログラムの決定が11月中旬、チケット発売は12月上旬を予定している。メインイベントとなる帝京平成大学で行われる約80講座は、チケット1枚800円。

ウェブサイトはこちらから

 9月30日(土)15時~16時にはプレイベントを開催する。勝間和代さん、漫画家の東村アキコさん、小出市長によるトークイベントを上総いちはら国府祭り会場内・夢ホールにて。入場無料、当日先着150名。詳しくはウェブサイトか問合せを。

 

問合せ:エンジン01 in 市原実行委員会事務局

(市原市役所60周年事業推進室内)

Tel.0436・23・9826

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る