いちごの里さんむで苺一会

いちごの里さんむで苺一会 『S1グランプリ』大盛況開催

 春の訪れが感じられるようになった3月9日、山武市役所本庁舎前駐車場にて、いちご(Strawberry)の里さんむ(Sammu)でいちごスイーツ(Sweets)対決と銘打った、その名も『S1グランプリ』が開催された。
 山武市は成東駅を中心に、国道126号線沿いに多くのいちご園があり、成東いちごロードの異名を持つほど。12月下旬から5月中旬まで、甘くておいしいいちご狩りが楽しめる。昨年に続き2回目の開催となった『S1グランプリ』には、地元山武市のほか、大網白里市、九十九里町、千葉市、鎌ヶ谷市などから18団体が参加。2300人以上が来場。どの店にも長蛇の列ができていた。
 カスタード、いちごソース、マスカルポーネ入りのいちごムースの新食感ケーキ『半熟ショートケーキ』を出店したのは九十九里ハーブガーデン。山武の食べ物のおいしさを地元の人が知らないと市川市から参加したグループは、山武のいちごを山武産の米粉で焼いたもちもち生地でくるんだクレープで勝負。白あんの中にクリームチーズを練りこんだ『いちご大福』や、ひとつでいろんないちごの味が楽しめる『いちごのレアチーズケーキ』などなど、趣向を凝らしたスイーツが並んだ。
 そんな中、準グランプリに輝いたのは鎌ヶ谷市から参加のパテスリーグランソレイユの『完熟苺のサクサクオペラ』だ。奥様が山武市出身で、ホテルのパティシエだったご主人が考案。そして栄えあるグランプリには完熟いちごと絞りたての牛乳のハーモニーが絶品。横芝光町のナミキアイス工房の『完熟苺のアイスクリーム』が輝いた。
 HPで知っていちご狩りのついでに訪れたという東京から来たご夫婦も、「いちごが甘くておいしかったです」と山武のいちごを満喫していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る