いちごの里さんむで苺一会

いちごの里さんむで苺一会 『S1グランプリ』大盛況開催

 春の訪れが感じられるようになった3月9日、山武市役所本庁舎前駐車場にて、いちご(Strawberry)の里さんむ(Sammu)でいちごスイーツ(Sweets)対決と銘打った、その名も『S1グランプリ』が開催された。
 山武市は成東駅を中心に、国道126号線沿いに多くのいちご園があり、成東いちごロードの異名を持つほど。12月下旬から5月中旬まで、甘くておいしいいちご狩りが楽しめる。昨年に続き2回目の開催となった『S1グランプリ』には、地元山武市のほか、大網白里市、九十九里町、千葉市、鎌ヶ谷市などから18団体が参加。2300人以上が来場。どの店にも長蛇の列ができていた。
 カスタード、いちごソース、マスカルポーネ入りのいちごムースの新食感ケーキ『半熟ショートケーキ』を出店したのは九十九里ハーブガーデン。山武の食べ物のおいしさを地元の人が知らないと市川市から参加したグループは、山武のいちごを山武産の米粉で焼いたもちもち生地でくるんだクレープで勝負。白あんの中にクリームチーズを練りこんだ『いちご大福』や、ひとつでいろんないちごの味が楽しめる『いちごのレアチーズケーキ』などなど、趣向を凝らしたスイーツが並んだ。
 そんな中、準グランプリに輝いたのは鎌ヶ谷市から参加のパテスリーグランソレイユの『完熟苺のサクサクオペラ』だ。奥様が山武市出身で、ホテルのパティシエだったご主人が考案。そして栄えあるグランプリには完熟いちごと絞りたての牛乳のハーモニーが絶品。横芝光町のナミキアイス工房の『完熟苺のアイスクリーム』が輝いた。
 HPで知っていちご狩りのついでに訪れたという東京から来たご夫婦も、「いちごが甘くておいしかったです」と山武のいちごを満喫していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る