茂原にフランスの街並み出現

茂原にフランスの街並み出現
第1回『まるまるマルシェ』大盛況

 5月5日(日)、晴天に恵まれたこの日、市役所前で開催された『茂原まるまるマルシェ』。茂原市役所前の市民広場にはしゃれた看板やポップが並び、フランスのおしゃれな街並みに変身した。マルシェはフランス語で市場の意味。フランスでは決まった曜日に、街の広場でマルシェが開かれる。人々は新鮮な野菜や美味しい食材を手に、会話を楽しむ。
 そんな風景を茂原でもと考えたのが、このマルシェを企画した『Mobaraみらい応援団』団長の斉藤由子さんだ。斉藤さんは、「市役所前の石畳がフランスのマルシェが行われる広場にとても似ていて、使わないのはもったいないなと思ったんです。そんな空間で次世代の子どもたちに、頑張っている大人たちの姿を見せたい、本物の体験をしてほしいという思いと、大人たちには、生産者と消費者の交流を経験してほしいと企画しました」
 今回のマルシェは、地域活性化や子育て支援など地域が抱える課題の解決を目指して、市民側が行政に事業の提案を行う『協働事業提案』のパイロット(試験的)事業。企画立案の段階から応援団と行政側が何度も協議を重ねた。そして、市内の飲食店などを1店舗1店舗まわり、その目的を説明し参加を呼びかけた結果、20店舗に及ぶ飲食店と10近いワークショップの出店が決まった。
 広場の中央には『長生ヤングパワーズクラブ』ののぼり。若い農家の2代目たちが新鮮な野菜を販売。『みのりファーム』が提供するたまごを使ったたまごかけごはんは大好評。竹炭が練りこまれた麺で作ったブラック焼きそばや本場ドイツソーセージ、ワインやスイーツの店も並び、イベントゾーンで行われているシエスタライブから流れてくるバイオリンとアコーディオンの調べを聴きながらのランチはおしゃれな気分に。
 天然石でのモザイクアートや革や流木、ワイヤーを使った小物作りなどに挑戦できるワークショップゾーンからは子どもたちの楽しそうな笑い声が聞こえてくる。ビーズアクセサリー、モザイクアートを楽しんだ小学3年生の女の子の母親は、「子どもが作ることが好きなので来ました。一度にいろいろできていいですね。たぶん全部やると思いますよ」と笑っていた。
 子育て応援ゾーンとなった市民室では、ベビーマッサージやパパ、イクジイによる読み聞かせなども行われ、大人から赤ちゃんまでが楽しめるマルシェが実現した。「町の新たな定期市になったらいいなと思っています。このマルシェが茂原の食文化として根付けばうれしいです」と斉藤さん。

問合せ Mobaraみらい応援団 斉藤さん
TEL 090・4062・0457

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る