茂原にフランスの街並み出現

茂原にフランスの街並み出現
第1回『まるまるマルシェ』大盛況

 5月5日(日)、晴天に恵まれたこの日、市役所前で開催された『茂原まるまるマルシェ』。茂原市役所前の市民広場にはしゃれた看板やポップが並び、フランスのおしゃれな街並みに変身した。マルシェはフランス語で市場の意味。フランスでは決まった曜日に、街の広場でマルシェが開かれる。人々は新鮮な野菜や美味しい食材を手に、会話を楽しむ。
 そんな風景を茂原でもと考えたのが、このマルシェを企画した『Mobaraみらい応援団』団長の斉藤由子さんだ。斉藤さんは、「市役所前の石畳がフランスのマルシェが行われる広場にとても似ていて、使わないのはもったいないなと思ったんです。そんな空間で次世代の子どもたちに、頑張っている大人たちの姿を見せたい、本物の体験をしてほしいという思いと、大人たちには、生産者と消費者の交流を経験してほしいと企画しました」
 今回のマルシェは、地域活性化や子育て支援など地域が抱える課題の解決を目指して、市民側が行政に事業の提案を行う『協働事業提案』のパイロット(試験的)事業。企画立案の段階から応援団と行政側が何度も協議を重ねた。そして、市内の飲食店などを1店舗1店舗まわり、その目的を説明し参加を呼びかけた結果、20店舗に及ぶ飲食店と10近いワークショップの出店が決まった。
 広場の中央には『長生ヤングパワーズクラブ』ののぼり。若い農家の2代目たちが新鮮な野菜を販売。『みのりファーム』が提供するたまごを使ったたまごかけごはんは大好評。竹炭が練りこまれた麺で作ったブラック焼きそばや本場ドイツソーセージ、ワインやスイーツの店も並び、イベントゾーンで行われているシエスタライブから流れてくるバイオリンとアコーディオンの調べを聴きながらのランチはおしゃれな気分に。
 天然石でのモザイクアートや革や流木、ワイヤーを使った小物作りなどに挑戦できるワークショップゾーンからは子どもたちの楽しそうな笑い声が聞こえてくる。ビーズアクセサリー、モザイクアートを楽しんだ小学3年生の女の子の母親は、「子どもが作ることが好きなので来ました。一度にいろいろできていいですね。たぶん全部やると思いますよ」と笑っていた。
 子育て応援ゾーンとなった市民室では、ベビーマッサージやパパ、イクジイによる読み聞かせなども行われ、大人から赤ちゃんまでが楽しめるマルシェが実現した。「町の新たな定期市になったらいいなと思っています。このマルシェが茂原の食文化として根付けばうれしいです」と斉藤さん。

問合せ Mobaraみらい応援団 斉藤さん
TEL 090・4062・0457

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る