オンリー1を目指して

オンリー1を目指して
ふるさとバンド結成41周年

 昭和47年2月、一宮町立一宮中学校吹奏楽部OB7人が集まり誕生した『ふるさとばんど』(当時は『一宮ふるさとばんど』)が、昨年創立40周年を迎えた。昭和30年代、吹奏楽部がある中学校は県内でも数えるほどだったそうで、そんな中、初めて楽器に触れた中学生たちは、音楽の魅力、演奏する楽しさに魅了され、「まさに青春そのもの、勉強も友だちも吹奏楽部を中心にありました。進学や就職で町を離れる者も多かったのですが、そういう人たちが帰ってこられる場所に、そして音楽が常に身近にあるといいねとばんど結成にいたりました」と話すのは、初代メンバーでバンドマスターの河野敏夫さん。
 その後、長生高校や茂原中学校、一宮商業高校の卒業生たちが次々に仲間に加わるが、働き盛りを迎え仕事や結婚、育児などでばんどを離れる者もいた。が、「余裕ができるとまた帰ってくる人も多かったですね。たぶんばんどに関わった人は300人を超えていると思います」と前バンドマスターの渡辺恵之助さん。現在は30人前後がばんどメンバーとして活動し、中心メンバーはみな50~60代となった。
 結成1年目から続けてきた定例演奏会は40回を数え、秋に行ってきたファミリーコンサートも昨年で28回を数えた。その昔は町の体育祭で君が代からファンファーレ、入場行進曲まですべてふるさとばんどが演奏した。小学校などに技術指導にも出向いた。今は玉前神社の前の通りで行われる『さすが市』にも出演する。「地元にかわいがられたいと思ってやってきました。自分たちが楽しいのは当たり前。その楽しい要因のひとつが、家族や地域の人々、仲間からよかったよ、がんばってるねと言われること。その言葉がいくつになってもやり続けるエネルギーになっているんです」と河野さん。
 40年という長い歴史の中で演奏した曲は、歌謡曲から本格的な交響曲まで幅広い。河野さんは「身の丈をちょっとオーバーするぐらいの難しい曲に挑戦すること」も長く続けるこつだという。そして、「他の社会人楽団はナンバー1を目指していますけれど、我々はオンリー1を目指しています」と。また渡辺さんは、「結成当時は自分たちも若かったですから、ふるさとばんどって古臭いと思いましたが、今では関わった人のふるさとになっていて、名実ともにふるさとばんどになったって思っています」。そんなふるさとばんどの第41回定期演奏会が6月23日(日)、午後2時から茂原市民会館で行われる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る