オンリー1を目指して

オンリー1を目指して
ふるさとバンド結成41周年

 昭和47年2月、一宮町立一宮中学校吹奏楽部OB7人が集まり誕生した『ふるさとばんど』(当時は『一宮ふるさとばんど』)が、昨年創立40周年を迎えた。昭和30年代、吹奏楽部がある中学校は県内でも数えるほどだったそうで、そんな中、初めて楽器に触れた中学生たちは、音楽の魅力、演奏する楽しさに魅了され、「まさに青春そのもの、勉強も友だちも吹奏楽部を中心にありました。進学や就職で町を離れる者も多かったのですが、そういう人たちが帰ってこられる場所に、そして音楽が常に身近にあるといいねとばんど結成にいたりました」と話すのは、初代メンバーでバンドマスターの河野敏夫さん。
 その後、長生高校や茂原中学校、一宮商業高校の卒業生たちが次々に仲間に加わるが、働き盛りを迎え仕事や結婚、育児などでばんどを離れる者もいた。が、「余裕ができるとまた帰ってくる人も多かったですね。たぶんばんどに関わった人は300人を超えていると思います」と前バンドマスターの渡辺恵之助さん。現在は30人前後がばんどメンバーとして活動し、中心メンバーはみな50~60代となった。
 結成1年目から続けてきた定例演奏会は40回を数え、秋に行ってきたファミリーコンサートも昨年で28回を数えた。その昔は町の体育祭で君が代からファンファーレ、入場行進曲まですべてふるさとばんどが演奏した。小学校などに技術指導にも出向いた。今は玉前神社の前の通りで行われる『さすが市』にも出演する。「地元にかわいがられたいと思ってやってきました。自分たちが楽しいのは当たり前。その楽しい要因のひとつが、家族や地域の人々、仲間からよかったよ、がんばってるねと言われること。その言葉がいくつになってもやり続けるエネルギーになっているんです」と河野さん。
 40年という長い歴史の中で演奏した曲は、歌謡曲から本格的な交響曲まで幅広い。河野さんは「身の丈をちょっとオーバーするぐらいの難しい曲に挑戦すること」も長く続けるこつだという。そして、「他の社会人楽団はナンバー1を目指していますけれど、我々はオンリー1を目指しています」と。また渡辺さんは、「結成当時は自分たちも若かったですから、ふるさとばんどって古臭いと思いましたが、今では関わった人のふるさとになっていて、名実ともにふるさとばんどになったって思っています」。そんなふるさとばんどの第41回定期演奏会が6月23日(日)、午後2時から茂原市民会館で行われる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る