オリジナルデザインで世界でひとつの陶印を作ろう

オリジナルデザインで
世界でひとつの陶印を作ろう

 11月2日から19日まで睦沢町にある『ギャラリー801』で茂原市在住の陶芸家、鈴木芳徳、智子夫妻の『陶芸展―愛しき器―』が開催された。その中日、10日(日)には、作品によく押されている朱印を陶土で作る『陶印を作ろう』が実施された。
 作り方は2種類。陶土をそのまま彫っていくやり方は、押したとき周りにインクの色がつき、彫ったところが白く浮き上がる。が、この場合、文字はトレシングペーパーやカーボン紙を使い、左右逆に写さなくてはいけない。もう1種類は、石膏に好きな絵や文字を彫り、そこに陶土を押し付けて作る方法。この場合は押し付けた陶土にできた凸の部分にインクが付き、周囲が白く出来上がる。左右を逆にする必要はないが、深く彫らないと線がはっきり印刷できないそう。
 参加したみなさんは、「陶芸を始めたので、その作品に押す陶印を作りたい」、「絵手紙とかに押してあるのを見ていいなと思って」、「絵を習っているので、なんでも挑戦してみたくて」と参加理由は様々。自分は逆に彫らなくてはいけないのか、文字はどんなデザインにするか、みなさん楽しそうに頭を悩ませながら彫りを進めていった。
「陶印は陶芸のプロの中でも作られています。遊び心のある作品ですね。焼くと1割5分縮小されるので、ちょっと大きめに作れ、細かい作業もできるところがいいと思います。出来上がりを考えながら作るのも頭の体操になりますし、少々失敗してもそれが味になって、その人なりの作品ができあがります」と鈴木芳徳さん。約2時間でみなさん味のある作品を完成させ、後は鈴木さんの巒牟窯で焼き上がるのを待つばかりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る