オリジナルデザインで世界でひとつの陶印を作ろう

オリジナルデザインで
世界でひとつの陶印を作ろう

 11月2日から19日まで睦沢町にある『ギャラリー801』で茂原市在住の陶芸家、鈴木芳徳、智子夫妻の『陶芸展―愛しき器―』が開催された。その中日、10日(日)には、作品によく押されている朱印を陶土で作る『陶印を作ろう』が実施された。
 作り方は2種類。陶土をそのまま彫っていくやり方は、押したとき周りにインクの色がつき、彫ったところが白く浮き上がる。が、この場合、文字はトレシングペーパーやカーボン紙を使い、左右逆に写さなくてはいけない。もう1種類は、石膏に好きな絵や文字を彫り、そこに陶土を押し付けて作る方法。この場合は押し付けた陶土にできた凸の部分にインクが付き、周囲が白く出来上がる。左右を逆にする必要はないが、深く彫らないと線がはっきり印刷できないそう。
 参加したみなさんは、「陶芸を始めたので、その作品に押す陶印を作りたい」、「絵手紙とかに押してあるのを見ていいなと思って」、「絵を習っているので、なんでも挑戦してみたくて」と参加理由は様々。自分は逆に彫らなくてはいけないのか、文字はどんなデザインにするか、みなさん楽しそうに頭を悩ませながら彫りを進めていった。
「陶印は陶芸のプロの中でも作られています。遊び心のある作品ですね。焼くと1割5分縮小されるので、ちょっと大きめに作れ、細かい作業もできるところがいいと思います。出来上がりを考えながら作るのも頭の体操になりますし、少々失敗してもそれが味になって、その人なりの作品ができあがります」と鈴木芳徳さん。約2時間でみなさん味のある作品を完成させ、後は鈴木さんの巒牟窯で焼き上がるのを待つばかりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る