オリジナルデザインで世界でひとつの陶印を作ろう

オリジナルデザインで
世界でひとつの陶印を作ろう

 11月2日から19日まで睦沢町にある『ギャラリー801』で茂原市在住の陶芸家、鈴木芳徳、智子夫妻の『陶芸展―愛しき器―』が開催された。その中日、10日(日)には、作品によく押されている朱印を陶土で作る『陶印を作ろう』が実施された。
 作り方は2種類。陶土をそのまま彫っていくやり方は、押したとき周りにインクの色がつき、彫ったところが白く浮き上がる。が、この場合、文字はトレシングペーパーやカーボン紙を使い、左右逆に写さなくてはいけない。もう1種類は、石膏に好きな絵や文字を彫り、そこに陶土を押し付けて作る方法。この場合は押し付けた陶土にできた凸の部分にインクが付き、周囲が白く出来上がる。左右を逆にする必要はないが、深く彫らないと線がはっきり印刷できないそう。
 参加したみなさんは、「陶芸を始めたので、その作品に押す陶印を作りたい」、「絵手紙とかに押してあるのを見ていいなと思って」、「絵を習っているので、なんでも挑戦してみたくて」と参加理由は様々。自分は逆に彫らなくてはいけないのか、文字はどんなデザインにするか、みなさん楽しそうに頭を悩ませながら彫りを進めていった。
「陶印は陶芸のプロの中でも作られています。遊び心のある作品ですね。焼くと1割5分縮小されるので、ちょっと大きめに作れ、細かい作業もできるところがいいと思います。出来上がりを考えながら作るのも頭の体操になりますし、少々失敗してもそれが味になって、その人なりの作品ができあがります」と鈴木芳徳さん。約2時間でみなさん味のある作品を完成させ、後は鈴木さんの巒牟窯で焼き上がるのを待つばかりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る