オリジナルデザインで世界でひとつの陶印を作ろう

オリジナルデザインで
世界でひとつの陶印を作ろう

 11月2日から19日まで睦沢町にある『ギャラリー801』で茂原市在住の陶芸家、鈴木芳徳、智子夫妻の『陶芸展―愛しき器―』が開催された。その中日、10日(日)には、作品によく押されている朱印を陶土で作る『陶印を作ろう』が実施された。
 作り方は2種類。陶土をそのまま彫っていくやり方は、押したとき周りにインクの色がつき、彫ったところが白く浮き上がる。が、この場合、文字はトレシングペーパーやカーボン紙を使い、左右逆に写さなくてはいけない。もう1種類は、石膏に好きな絵や文字を彫り、そこに陶土を押し付けて作る方法。この場合は押し付けた陶土にできた凸の部分にインクが付き、周囲が白く出来上がる。左右を逆にする必要はないが、深く彫らないと線がはっきり印刷できないそう。
 参加したみなさんは、「陶芸を始めたので、その作品に押す陶印を作りたい」、「絵手紙とかに押してあるのを見ていいなと思って」、「絵を習っているので、なんでも挑戦してみたくて」と参加理由は様々。自分は逆に彫らなくてはいけないのか、文字はどんなデザインにするか、みなさん楽しそうに頭を悩ませながら彫りを進めていった。
「陶印は陶芸のプロの中でも作られています。遊び心のある作品ですね。焼くと1割5分縮小されるので、ちょっと大きめに作れ、細かい作業もできるところがいいと思います。出来上がりを考えながら作るのも頭の体操になりますし、少々失敗してもそれが味になって、その人なりの作品ができあがります」と鈴木芳徳さん。約2時間でみなさん味のある作品を完成させ、後は鈴木さんの巒牟窯で焼き上がるのを待つばかりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る