リーダーたちの交流会

リーダーたちの交流会

 子ども会、ボーイスカウトなど社会教育団体の活動や野外活動に興味のある高校生から大学生を対象にした1泊キャンプ『第2回東青ヤング交流会』。昨年11月に17名が参加して東金青年の家で開かれた。
 普段からリーダーとしてレクリエーションを盛り上げる立場にいる若者たち。バックグラウンドも年齢も違う初対面同士でも、すぐにキャンプネームで呼び合う仲になってしまう。グループワークやキャンプファイヤーで責任者を募ると積極的に立候補。『自然体験とは』というテーマで真剣に話し合う一方で、昼食のバーベキューの食材を賭けてゲームをするなど笑いも絶えない。休憩時間には同施設を利用する他団体の小学生たちを巻き込んで遊ぶほどアクティブ。
 昨年も参加した男子大学生は「日常では接点がない者同士が出会える。子どもたち主体で遊ばせるか、自分たち主体で行動するかなど所属団体によってやり方は違うが、社会を良くしようという目的は同じ」だという。特別参加をした中学生は「はじめは緊張したけれどすぐに打ち解けた」と楽しそうに話し、子ども会のジュニアリーダーをする女子高校生は「話し合いをして新しい視点で自然を見るようになった」と感想を述べた。
 主催する同施設の職員赤山達也さん(23)は「情報交換をしたり、野外活動のスキルを磨きながら青少年がお互いに刺激しあう場。所属団体にかかわらず多くの人に体験してもらいたい」と次回の参加を呼びかける。

問合せ 東金青少年の家
TEL 0475・54・1301

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る