衝撃吸収パッドで『ピッタンコ』 科学工夫作品展で教育長賞受賞

「まさか賞を受賞するなんてビックリです」と驚いているのは、茂原市立東中学校2年の藍柚香さん。昨年の夏休みの理科の宿題が、長生郡市の審査を通り、『千葉県児童生徒科学工夫作品展』で千葉市教育長賞を受賞。全国のコンクールである『全日本学生児童発明工夫展』へ出品されたのだ。
藍さんは、「夏休みも終わりのころ、お母さんがチラシを1枚ずつめくっているのを見て大変そうって思って」考えた。何か紙がくっつくものはないか探したところ、100円均一のお店で買った耐震性の衝撃吸収パッドが目に留まった。「パッドがベタベタしていていいなと思い、それがドアノブの大きさにピッタリだったから貼り付けてみたらできちゃいました」と笑う。パッドが紙にくっつき1枚ずつ紙を持ち上げられるのだ。
pad02 夏休み明け、大作も出そろった課題の中で、ビニール袋に入れられ無造作に置かれた藍さんの作品を見て、理科担当の佐藤洋光教諭は、「最初何だかわからなかったんです。話を聞いたら着想が新しいし、ありそうでこれまでになっかたもので便利」と、その後藍さんとともに真ん中に印鑑をさし、ハンを押しながら紙をめくれるように改良を加え、その名も『ピッタンコ』として作品展へ出品。見事受賞を果たした。
「制作時間ですか、10分です。何か申し訳ないです」と笑う藍さん。これまでに自分で作った作品が賞を取ったことはなかったし、興味もなかったそう。今藍さんが興味のあるのは、部活の剣道と、小学校から習うピアノとダンス。中1から始めた剣道は長生郡市の大会で個人・団体とも3位に。でも将来はダンスの道に進みたいそうだ。いや、まだまだ時間はたっぷりあるから、発明の道も悪くないかも。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る