日本語を美しく表現する

「生麦、生米、生卵。赤巻紙(あかまきがみ)、長巻紙(ながまきがみ)、黄巻紙(きまきがみ)」おなじみの早口言葉を含む多数のフレーズを大きな声で音読する。2月22日に山武郡市振興センターで行われた『朗読・ナレーション講座』での発声練習だ。主催は山武郡市視聴覚教材センター。
 文化放送、千葉テレビの元アナウンサー、柴山ゆきえさんとアシスタントのさとう郁(いと)さんが講師を務めた。「足は少し開いて背筋はまっすぐ。肩の力は抜いて」一貫してにこやかな表情、凛とした話し方の柴山さん。程よい緊張感と活気のある授業は、口の開け方、「あーっ」と声を出してお腹を引っ込める腹式呼吸、
 発声練習の後、柴山さん自作の詩を使ったナレーションと絵本の朗読練習へと続いた。約40名の受講者は順番に1人ずつ声を出し、標準語を話すときの規則にのっとり、アクセント、イントネーション、音の強弱・高低により強調を表すプロミネンス、テンポ、声の出し方など個々の欠点を柴山さんが丁寧に指導した。特に大事なのが句読点の後の間のとり方。次の文章が引き立つかどうかはそれで決まる。「声を前に出すこと。そして唇の周りに力を入れて話すように。表情筋が鍛えられます。普段から意識し、続けることが大切」と話す。また、読み聞かせについて「朗読はまず素直に文章を読み込みましょう。抑揚をつけるなど個性を出すのはそれからです」と助言した。
 楽しそうに声を出していた男性は「正しい日本語を話せるようになりたいと思って参加しました。ついつい『の』などの助詞を強調してしまう。難しいです」と話した。朗読のスキルアップが目的という女性は「自分ではどこが悪いのかわからなかったから、他人の朗読と先生のアドバイスが聞けて、とてもいい勉強になりました」と目を輝かせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る