日本語を美しく表現する

「生麦、生米、生卵。赤巻紙(あかまきがみ)、長巻紙(ながまきがみ)、黄巻紙(きまきがみ)」おなじみの早口言葉を含む多数のフレーズを大きな声で音読する。2月22日に山武郡市振興センターで行われた『朗読・ナレーション講座』での発声練習だ。主催は山武郡市視聴覚教材センター。
 文化放送、千葉テレビの元アナウンサー、柴山ゆきえさんとアシスタントのさとう郁(いと)さんが講師を務めた。「足は少し開いて背筋はまっすぐ。肩の力は抜いて」一貫してにこやかな表情、凛とした話し方の柴山さん。程よい緊張感と活気のある授業は、口の開け方、「あーっ」と声を出してお腹を引っ込める腹式呼吸、
 発声練習の後、柴山さん自作の詩を使ったナレーションと絵本の朗読練習へと続いた。約40名の受講者は順番に1人ずつ声を出し、標準語を話すときの規則にのっとり、アクセント、イントネーション、音の強弱・高低により強調を表すプロミネンス、テンポ、声の出し方など個々の欠点を柴山さんが丁寧に指導した。特に大事なのが句読点の後の間のとり方。次の文章が引き立つかどうかはそれで決まる。「声を前に出すこと。そして唇の周りに力を入れて話すように。表情筋が鍛えられます。普段から意識し、続けることが大切」と話す。また、読み聞かせについて「朗読はまず素直に文章を読み込みましょう。抑揚をつけるなど個性を出すのはそれからです」と助言した。
 楽しそうに声を出していた男性は「正しい日本語を話せるようになりたいと思って参加しました。ついつい『の』などの助詞を強調してしまう。難しいです」と話した。朗読のスキルアップが目的という女性は「自分ではどこが悪いのかわからなかったから、他人の朗読と先生のアドバイスが聞けて、とてもいい勉強になりました」と目を輝かせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る