ふるさといすみにこだわり美しいものを撮り続けたい

写真家 掛須 昌子さん

 26年ほど前、東京の北千住からいすみ市苅谷へ嫁いできた掛須昌子さん(49)は、息子が柔道を始めたのをきっかけにカメラを持ち始めた。「小さいデジカメで撮っていたのですが、それじゃ連写ができないと一眼レフを持ったのが初めてでした」。それまでは、子どもの運動会なども撮影はご主人。掛須さんは応援専門だったと笑う。
 カメラを持った掛須さんは、その後、朝夕のウオーキングの際に見るいすみの景色の美しさに感動してカメラのシャッターを切るようになった。「知っていますか? 朝もやの中の低い山並みを撮ろうとすると、電線を入れずに写真が撮れるんですよ。お嫁に来て、初めて景色や自然を見るようになりましたけど、ここいすみには本当にすばらしい景色がいっぱいあって、それを毎日ブログにアップしていました」
 そんな日々の中、あるきっかけで睦沢町の歴史民俗資料館の学芸員の方と知り合いになり、資料館の収蔵品の撮影を頼まれる。そこで出会ったのが「波を彫ったら日本一」と言われる伊八の欄間彫刻だった。「学芸員さんの原稿に使う写真をということで、飯縄寺の欄間を撮らせていただいたんですけれど、最初彫刻の天狗が怖くて怖くて、天狗の周囲しか撮影できなかったんです。おかしい人って思われるかもしれませんけど(笑)、天狗さん仲良くさせてくださいってお願いしながら撮影しました」
 その写真は、一般的な資料写真とは違い、芸術的だと学芸員も絶賛。「私は自分がいいなと思ったものしか撮れませんが、資料写真と芸術写真の違いを教えていただいたよう思います」と掛須さん。昨年暮れには、いすみ市のレストラン『カンパーニャ』にて、それらの写真を展示した『飯縄寺の伊八 掛須昌子写真展』を開催した。また現在はいすみ鉄道国吉駅近くの街の駅『いってんべぇ国吉』で同様の写真展を31日(月)まで開催中。
 またこの学芸員の縁で、睦沢町の光福寺の本堂の欄間彫刻の撮影も依頼された。これは、伊八の3代前にあたる房総出身の彫刻師で、成田山新勝寺の光明堂や三重塔の彫刻も手掛けたといわれる島村圓鉄の作だった。「捨ててしまおうかって話が出たとか。欄間彫刻って建築の一部としてしか見られてなくて、その価値が注目されるようになったのはここ数年だとか。私は最初に伊八や圓鉄のような素晴らしい作品を撮らせていただけて本当に幸せです」。そう話す掛須さんの圓鉄の写真は、現在『カンパーニャ』に展示中だ。
「ふるさといすみを撮る」を肩書に現在写真家として活動する掛須さんは、カメラを始めてから一生懸命物を見るようになったと話す。「そうすると愛着もわくし、会話もしたくなる」と。飯縄寺で撮影をしているときは、天狗が集まってきた気配を感じたそうで、「私の祖先が神主だったので、その縁で飯縄寺に呼ばれたのかなとも思いました。木の上にいるのは天狗だなって(笑)。会話をしながら撮影しました」
 カメラのほかにも掛須さんは、パソコン、フラダンスに英会話、裁縫と何でもやってきた。「器用貧乏なんです。ダイエット以外は何でもします(笑)。何になるかわからないけれど、何でもやっておこうと思ってやってきました。目の前のチャンスは必ずつかむというのが信条です」。そんな中で一番続いているのがカメラだ。
 これからも欄間彫刻などは撮り続けていきたいと話す掛須さんは、同様に「ふるさといすみ」にもこだわり続けていきたいという。「私は地域に根ざすということがなかったので、昔からの幼なじみとか神社のお祭りで神輿を担ぐとか憧れていたんです。ここにきたらそれがあって、すごく憧れていたのでとても新鮮で。ふるさとはここっていう思いは強いですね」。地元の人が見逃してしまっている美しい風景も、まだまだ撮り続けていくつもりだ。        
問合せ 掛須昌子さん
TEL 090・2444・8236
akiko.kakesu@gmail.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る