子どもたちと作るスイーツデコ

 思わず食べたくなる、本物そっくりのスイーツデコ。茂原市在住の麻生ゆかりさん(53)は5年ほど前から趣味でスイーツデコ作りを始めた。夢中になって作り続けた作品を自宅の玄関などに飾っていたところ「店のディスプレイにほしい」、「料理教室の参加者に渡す記念品にしたい」など知人から製作依頼が舞い込むように。手作りショップなどが並ぶイベントに出店するきっかけとなった。通りすがりの子どもの「かわいい!作ってみたいな」との言葉が耳にとまり、「売るだけではなく教えたい」という気持ちから、現在は『JIJI』(ジジ)という店名でワークショップと販売を行っている。『JIJI』は愛猫の名前。「子どもたちの感性ってすごいですよ。えっ、そこにそのパーツを乗せるの?と大人では思いつかない発想が次々に飛び出してくる。子どもたちから学ぶことばかり。日々勉強です」と楽しそうに笑う。
 スイーツデコの他に、くるみボタンや毛糸のポンポンをトップにしたヘアゴムなども手作りしている。和柄のものは浴衣を着るこれからの季節にピッタリ。
 8月16、17日に、かずさアカデミアホール(木更津市)で行われる『アート・クラフト縁日』に出店予定 。

問合せ 麻生さん
TEL O90・1668・1574

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る