放課後に子ども達が楽しめる居場所を

 大網白里市南飯塚にある学童保育『フリー&アフタースクール ぬく森くらぶ』では通常の活動に加え、大根などの野菜を育てたり、通学路のゴミ拾い、自然観察、ペットボトルキャップの収集、分別作業を行ったりしている。
 現在は市立増穂小学校の児童を中心とする約20名が入所。不登校に悩む小1から中3までの児童と生徒を受け入れるフリースクールも併設している。「学校に足が向かない子が、学外で他の生徒と交わることで前向きな気持ちになることを期待しています」と話すのは代表の丸田光男さん。高校の生物教員を経て、働く親の支援と自然の中で子どもの育成ができればと2006年に自費設立した。高校で家庭科教員を務めた妻のみよ子さんと共にボランティアで指導員として活動している。
『ぬく森くらぶ』は庭のある一軒家。温かみのある学舎で宿題を済ませ、次々に外に飛び出す子どもたち。木登りする子、一輪車やボールで遊ぶ子。裏手にある市営の広い運動場で力いっぱい駆け回る子もいる。庭にはビオトープ、菜園、自作のクライミングウォールなどもある。「遊ぶ時間が一番楽しい」児童たちは口を揃える。おやつは菜園で穫れた野菜を具材にしたうどんなど、手作りのものを提供するよう心がけている。
 言うことを聞かず勝手な行動をとる子には、毅然とした態度でしっかりと叱る。愛情のこもった指導だ。「自分たちの手で野菜を育てることによって、野菜嫌いだった子が食べられるようになった。毎日日記を書くことで文章力がついてきている。子どもの成長ぶりを見られるのが嬉しい」と丸田さんご夫婦は笑顔で話す。2、3名のボランティアが時々手伝いに来ているが、まだまだ人手不足。児童とボランティアスタッフ共に募集中。

問合せ 丸田さん 
TEL 0475・72・3505
http://www8.plala.or.jp/fa-nukumori/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る