放課後に子ども達が楽しめる居場所を

 大網白里市南飯塚にある学童保育『フリー&アフタースクール ぬく森くらぶ』では通常の活動に加え、大根などの野菜を育てたり、通学路のゴミ拾い、自然観察、ペットボトルキャップの収集、分別作業を行ったりしている。
 現在は市立増穂小学校の児童を中心とする約20名が入所。不登校に悩む小1から中3までの児童と生徒を受け入れるフリースクールも併設している。「学校に足が向かない子が、学外で他の生徒と交わることで前向きな気持ちになることを期待しています」と話すのは代表の丸田光男さん。高校の生物教員を経て、働く親の支援と自然の中で子どもの育成ができればと2006年に自費設立した。高校で家庭科教員を務めた妻のみよ子さんと共にボランティアで指導員として活動している。
『ぬく森くらぶ』は庭のある一軒家。温かみのある学舎で宿題を済ませ、次々に外に飛び出す子どもたち。木登りする子、一輪車やボールで遊ぶ子。裏手にある市営の広い運動場で力いっぱい駆け回る子もいる。庭にはビオトープ、菜園、自作のクライミングウォールなどもある。「遊ぶ時間が一番楽しい」児童たちは口を揃える。おやつは菜園で穫れた野菜を具材にしたうどんなど、手作りのものを提供するよう心がけている。
 言うことを聞かず勝手な行動をとる子には、毅然とした態度でしっかりと叱る。愛情のこもった指導だ。「自分たちの手で野菜を育てることによって、野菜嫌いだった子が食べられるようになった。毎日日記を書くことで文章力がついてきている。子どもの成長ぶりを見られるのが嬉しい」と丸田さんご夫婦は笑顔で話す。2、3名のボランティアが時々手伝いに来ているが、まだまだ人手不足。児童とボランティアスタッフ共に募集中。

問合せ 丸田さん 
TEL 0475・72・3505
http://www8.plala.or.jp/fa-nukumori/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る