ヒエログリフで書いたオンリーワンのマイネーム

 3月14日(土)、成東文化会館のぎくプラザでは山武市世界遺産研究会主催で『古代エジプト文字・ヒエログリフを学ぼう』講演会が開かれた。共催に山武市成東中央公民館、講師はエジプト壁画とヒエログリフの研究者である村治笙子さん。約50名の受講者の中には実際にエジプトを旅行したことがある人もちらほら。「エジプトと聞いて、どんなことを連想しますか」という村治さんの声に、「ツタンカーメン!」、「クレオパトラ」、「ミイラ!」など次々に答えが飛ぶ。
 古代エジプト文字であるヒエログリフは、現在遺跡や発掘品の中に見られる象形文字。アルファベットだけでなく色々な文字があり、神々に読んでもらうための神聖なものとされた。「エジプトといえばピラミッド。ラクダが砂漠を歩いている姿を想像するかもしれませんが、実は農業大国なんです。確かに国の90%は砂漠ですが、過去には草原も存在してキリンやライオンもいたとされます。ヒエログリフの中には動物もたくさんいるんですよ」と村治さんは説明する。
 前面のスクリーンに写されるエジプトの資料映像に目をこらし、受講者たちは真剣な顔。さらに、ヒエログリフには母音がないこと、弱母音『あ』一つの言葉を表す文字も1つではなく『え』を表す文字が使われなかったこと、単語の意味を知らせるための工夫として単語の後に性別や物を表わす決定詞を使用したことなどを学んだ。
 そして、受講者たちは『ヒエログリフ50音字典』と『ヒエログリフのアルファベット表』を参考に、各々が自身の名前を紙に書き出していく。同じ音を表す文字が複数あることで、たとえ同じ名前であっても各々が異なる形にすることは可能。これぞ、オンリーワンのヒエログリフネームなのだ。『フクロウ』、『ワシ』、『ウズラ』などが名前に含まれている人は鳥を描く難易度の高さに、「『あ』が何回も出てくると大変だったよ。でも、可愛いだろう?」と初めて書くヒエログリフに嬉しそうだ。また、別の受講者も「今度、自分の名前としてどこかで使いたいから、さっと書けるように家に帰って練習しないと」と話す。書いた名前が間違えていないか村治さんに確認してもらおうと、長い列ができる場面も。
 「文字数は千以上もありますが、絵なので覚えやすいと思いますよ。古代エジプト人が気を付けたのはバランスです。鳥は頭の後ろがとがっていることや嘴がとがっていることなど特徴を掴めば書きやすいです」と村治さんは続ける。講座では、他にも『ロゼッタ・ストーン』を解読したシャンポリオンについての解説があるなど、遠いエジプトにはなかなか行けない日本人の受講者にとっては貴重な時間になったのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る