語る陽気なハーモニカ奏者

 茂原市在住の武田春彦さん(71)は口元に当てたハーモニカを、音を自在に操るようにして吹く。独自に定めた『しあわせ演歌』や『心に残る旅情の歌』など8種類に分けた曲のレパートリーは100曲以上。「ある日、散歩をしていてラジオから流れる郷愁あふれるハーモニカの音に魅せられたんです。カルチャースクールで習い、1年ほどは苦労しましたが複数の音が出せるベース奏法をマスターした時はとても嬉しかったです」と武田さんは楽しそうに話す。
 2年目になってからは、福祉施設や老人クラブなどの各種集まり、保育園に招かれ演奏活動を続けている。「現在は月に3回ほどあちこちを回っていますが、音を楽しんでくれているのがよく分かります。演奏だけでなく、歌が流行した時代背景や小話をまじえるのですが、こんなのは初めてだと言ってくれる方も多いんです」と武田さん。
 取材当日に訪れたケアハウスでも、懐かしい童謡の歌声が手拍子にのせてゆっくりと流れる。演奏中は『千葉で生まれた歌は?』など曲に関してのなぞなぞも披露されるので、「自己啓発と物忘れ防止にもなるんです」と笑う。武田さんは、曲に合わせて音階の違う6種類のハーモニカを吹きわけながら、随所で元気を振りまいている。演奏依頼も受け付けている。

問合せ 武田さん
TEL 0475・22・3793

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る