語る陽気なハーモニカ奏者

 茂原市在住の武田春彦さん(71)は口元に当てたハーモニカを、音を自在に操るようにして吹く。独自に定めた『しあわせ演歌』や『心に残る旅情の歌』など8種類に分けた曲のレパートリーは100曲以上。「ある日、散歩をしていてラジオから流れる郷愁あふれるハーモニカの音に魅せられたんです。カルチャースクールで習い、1年ほどは苦労しましたが複数の音が出せるベース奏法をマスターした時はとても嬉しかったです」と武田さんは楽しそうに話す。
 2年目になってからは、福祉施設や老人クラブなどの各種集まり、保育園に招かれ演奏活動を続けている。「現在は月に3回ほどあちこちを回っていますが、音を楽しんでくれているのがよく分かります。演奏だけでなく、歌が流行した時代背景や小話をまじえるのですが、こんなのは初めてだと言ってくれる方も多いんです」と武田さん。
 取材当日に訪れたケアハウスでも、懐かしい童謡の歌声が手拍子にのせてゆっくりと流れる。演奏中は『千葉で生まれた歌は?』など曲に関してのなぞなぞも披露されるので、「自己啓発と物忘れ防止にもなるんです」と笑う。武田さんは、曲に合わせて音階の違う6種類のハーモニカを吹きわけながら、随所で元気を振りまいている。演奏依頼も受け付けている。

問合せ 武田さん
TEL 0475・22・3793

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る