語る陽気なハーモニカ奏者

 茂原市在住の武田春彦さん(71)は口元に当てたハーモニカを、音を自在に操るようにして吹く。独自に定めた『しあわせ演歌』や『心に残る旅情の歌』など8種類に分けた曲のレパートリーは100曲以上。「ある日、散歩をしていてラジオから流れる郷愁あふれるハーモニカの音に魅せられたんです。カルチャースクールで習い、1年ほどは苦労しましたが複数の音が出せるベース奏法をマスターした時はとても嬉しかったです」と武田さんは楽しそうに話す。
 2年目になってからは、福祉施設や老人クラブなどの各種集まり、保育園に招かれ演奏活動を続けている。「現在は月に3回ほどあちこちを回っていますが、音を楽しんでくれているのがよく分かります。演奏だけでなく、歌が流行した時代背景や小話をまじえるのですが、こんなのは初めてだと言ってくれる方も多いんです」と武田さん。
 取材当日に訪れたケアハウスでも、懐かしい童謡の歌声が手拍子にのせてゆっくりと流れる。演奏中は『千葉で生まれた歌は?』など曲に関してのなぞなぞも披露されるので、「自己啓発と物忘れ防止にもなるんです」と笑う。武田さんは、曲に合わせて音階の違う6種類のハーモニカを吹きわけながら、随所で元気を振りまいている。演奏依頼も受け付けている。

問合せ 武田さん
TEL 0475・22・3793

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る