初の栄冠 さらなる飛躍を目指して

千葉県吹奏楽コンクール金賞 大多喜中学校

 大多喜町立大多喜中学校が、第57回千葉県吹奏楽コンクールにおいて初の金賞を受賞した。3年生が16人、1、2年生が合わせて14人の構成。4年前までは部員が10人にも満たない小規模の楽団だった。現在の3年生が入部し、部員数が急増。パーカッションなどの楽器を近隣から借りるなどしながらかき集め、ようやく楽団として形が整ってきた。4年前から出場し始めた同コンクールでは3回連続銀賞。その功績が認められ町から楽器を寄付してもらえるまでになった。ところが楽団として順調に発展してきていた矢先、指揮をとっていた顧問の富田希(のぞみ)教諭が産休に入ることに。「私が不在の間、代役の顧問が入れ替わるなど大変なことがありましたが、3年生がリーダーとなり1、2年生をよく引っ張っていってくれました」と富田さん。3年生で副部長の渡辺衣織さんは「みんなの気持ちがまとまらず金賞を諦めかけていた時期もあったけれど、コンクールの約1カ月前からは全員の気持ちが一つになってきた。これならいける!絶対に金賞をとりたいと思った」と力強く話した。
 放課後のほか土日祝日は、午前中のみの短時間集中型の練習に打ち込んだ。日課となっている腹式呼吸や1つの音をできるだけ長く吹き伸ばすロングトーンの練習にも力が入ってきた。
 挑戦した曲は組曲『惑星』の中の『木星』。「今まで演奏した中で一番難しい曲。最初は楽譜通りに吹き切るのがやっとだった」と3年生で部長の大後(おおご)ひよりさんは振り返る。だが、パート練習やセクション練習を繰り返すうちに「聴いてくれる人の心に響くような演奏がしたい」そう思ようになっていった。
 様々な壁を乗り越えて獲得した金賞。「選ばれたときは、嬉しくて声が出なかった」と渡辺さん。審査員からは「心のこもった演奏、素晴らしい表現力」との講評をもらった。
 取材日には、3年生最後の発表に向けて練習中の曲『海の男達の歌』を力強く披露してくれた。「3年生が抜けたあとも自分たちでしっかりまとまり、先輩たちのように心をこめて演奏をしたい」と2年生の小野花恋(かれん)さん。
「吹奏楽の面白さは団体競技であること。みんなで気持ちを揃えて楽しく演奏したい」大後さんは笑顔で語った。
 大多喜中学校吹奏楽部は、まだまだ成長の途中。今後のさらなる活躍に期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る