お父さん、お母さん 一緒にウクレレ習おうよ!

 山武市さんぶの森文化ホールで、毎月2回開催されている『親子でウクレレ』。主に日曜日の午後2時半と3時半から各1時間ずつの2クラスあり、現在13組の親子が練習に通っている。教室担当者の福田光伸さんは、「この企画も7年目。生徒さんは、市内をはじめ近隣の地区から通われています。小1から小6まで子どもの年齢も幅広く、3組はお父さんと一緒ですね」と説明する。
 ギターよりも小さいウクレレだが、6歳の子どもにとっては大きな楽器!懸命に指を伸ばし、楽譜を見つめる。講師の安田雅司郎さんは、ウクレレ歴10年。「音楽などの文化は遊びの延長です。親子でやるということが楽しいし、小さい子どもだからこそ色んなことが生まれます」と楽しげに話した。
 1時間の内に、安田さんの「次はFマイナーだよ」と掛ける声に合わせて音を鳴らしたあと、スピッツの『チェリー』やジブリの『さんぽ』、『風になる』などを演奏。気持ちよさそうに歌いながら流れる音は、とてもかろやか。
 小3の娘と通う母親は、「1年前、娘の友達が習い始めて、本人がやりたいというので来ました。今では私も夢中です。本人なりにスランプの時期もあったようですが、今は5、6曲弾けるようになって楽しそうです」と嬉しそうだ。
 安田さんも、「コードが分かっていても出てくる順番が違うと、あれ、と思う時がありますよね。色んな曲に慣れ親しんでいきましょう」と声をかけた。随時、生徒募集中。

問合せ さんぶの森文化ホール
TEL 0475・80・9700

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る