白菜レシピで糖尿病予防

 血糖値をコントロールし、合併症を予防する糖尿病食は厳しい制限があり味気ないイメージがある。ところが「正しい知識を持てば、バランスの良い豊かな食生活が楽しめ、糖尿病以外の家族にとっても健康食となります」と話すのは管理栄養士の増田佳那子さん(32)。2月25日、山武市の成東保健センターにて(福)桔梗ケ丘シルバーホーム主催の家族介護者教室『知ってそうで知らない糖尿病食』が開かれ、10人が参加した。
 「食べ過ぎず量を守ることが大切」と講師の増田さんが教えたのは、1日の適正な食事量、献立作りの基本、食材の配分など。メニューは「食事量を目安に食材を決めてから献立をたてる、夜は大豆製品を入れる、休日の朝食はパンなど定番を決める」と負担が少なくなる。食品別カロリーを記した『食品成分表』を使うと便利だという。
 講義のあと参加者は一つの食材で3品を調理した。鍋は白菜と豚肉で酒蒸し。サラダは、塩もみした白菜とリンゴの薄切りに酢やオリーブオイルなどであえ、パセリを散らすとできる。風味和えは、白菜150gと三つ葉6本を茹で、塩としょう油各小さじ4分の1、ごま油小さじ2分の1、焼き海苔3分の1枚で混ぜた。野菜が水っぽいと調味料を増やしたくなるので、しっかり水を切ることが大切。「香味野菜や旬の食材を使うことで塩分は減らせる」とのこと。
 妊娠中に血糖値が上がったという30代の女性や糖尿病を患う参加者は「食材の組み合わせが新鮮」と新たなレシピに感心していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る