茂原でニュースポーツ誕生!

高校総体や千葉国体でバレーボール競技の会場にもなった茂原市で、新たなスポーツ『タッチバレーボール』が誕生した。軽いビニールボールを使い、「タッチする」感じでボールを送ることからこの名前がついた。当たっても体への衝撃が少なく高齢者でも安心してプレーすることができる。北海道で生まれたミニバレーを参考に茂原市スポーツ推進委員が中心となって考案、昨年から正式に『タッチバレーボール』との名称になった。
バドミントンのコートでプレーヤーは4人。3回以上5回以内で相手のコートに返す。通常のバレーボールよりも速度が出にくいのでラリーがよく続く。3月6日に茂原市市民体育館で行われた『第1回千葉県タッチバレーボール大会』では一般の部やシニアの部など5部門に200チームが参加、白熱した戦いが繰り広げられた。
「見ているだけでも楽しい!」と応援者も大盛り上がり。賞品が地元の野菜だったのも好評だった。市体育課の石井知彦さんは「茂原といえばタッチバレーボール、と連想されるよう普及に努めていきたい」と笑顔で話した。第2回目の大会は7月3日に開催予定。会社の仲間やお友達とチームを作って参加してみては。

問合せ 市教委 体育課
TEL 0475・20・1575

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る