いすみ市の文化遺産 水彩画に描かれる懐古

  田園の美術館(いすみ市郷土資料館)で『水彩展OHARA 1994-1999』が開催されている。これは旧大原町が「21世紀に向けた次代を担う画家の新作発表の場」として平成6年から6年間、水彩画の全国公募を行い、入賞作品をはじめとする約170点を収集。今回はその中の40点あまりを展示している。モチーフは風景、建物、人物とバランスよく展示されているが、中には水彩画とは思えないほど厚みを感じる作品もあり楽しめる。
 元々これらの作品は『いすみ市水彩ギャラリー』が保管していたものだが、建物の老朽化で今年3月に閉館し、田園の美術館に移されたもの。移管されてから初めての展示会ということで、照明を増やしての開催となった。この展示会のサブタイトルはRETROSPECTIVE(回顧展)。大作の水彩画と共に展示されている昭和の頃のスケッチ画も懐かしさを感じる。
 高名な作家の作品もあるが、ガラス戸の中に飾られる絵は額が外されており、作者のプロフィールは名前のみ。これは先入観なく絵を楽しんでもらいたいとの美術館側の配慮からで、入り口には「今日はあなたが審査員」とした投票用紙が置かれ、自分の好きな絵を選ぶことができる。ランキングの結果は8月、9月末に掲示予定。10月10日(月・祝)まで。

問合せ 田園の美術館(いすみ市弥正93-1)
TEL 0470-86-3708
開館時間 9~16時30分
祝日以外の月曜日と祝日の翌日休館。入館無料
http://www.chiba-web.com/chibahaku/2/index.html

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る