イノシシ対策へ新たな光

長柄町が旋風を巻き起こす! (写真上大塚さん)

 今夏、長生郡長柄町では画期的なイノシシ捕獲装置が発明されていた。町では2014年度に210頭、15年度に352頭が捕獲されているが、イノシシの繁殖時期は年に2回、子どもが事故などで失われた場合には、母親の出産回数が自然と増すことも確認されており、近年個体数は増加の一途をたどっている。
 町長の清田勝利さんは、「零細農家が多く、細々と丹精込めて野菜を作っても、収穫の時期に被害にあってしまうんです。一番の課題はイノシシの個体数を減らすことですね。捕獲したイノシシをジビエ料理として扱えれば、町おこしにも成りえるでしょう」と話す。そこで、地元で農業を営む神崎好功さんと房総発明研究会会長の大塚誠一さんが二人三脚で開発したのが『匂いで誘引、特殊光センサーで検知して捕まえる装置』。
 「従来の方法である括り罠は俊敏なイノシシでは避けることが可能です。また、檻式では装置の中にワイヤーなどをつけて檻が閉まるようにしても学習能力が高いので、跨ぐようになります。1年間かけてイノシシの習性を根底まで学び、装置の改良に生かしました」と、神崎さんは装置の威力に自信をみせた。
 コスト削減のために選択した部品は『乾電池』と『自転車の空気入れ』というシンプルな作りで、それは今後どんな農家が装置を取り入れても扱いやすいようにと想定してのことでもある。動作源の乾電池は単3を8本で1カ月、空気入れは1回の蓄積で10回使用可能。実験段階ではすでに2頭の捕獲に成功している。
 「検知センサーを、イノシシには見えない色にしたり、木の葉などで誤作動しないように複数にしたりと工夫しました。そもそも対策として、匂わない野菜を作ったり、囲いを作ったりと予防策に出がちですが、私達は彼らの習性を逆利用しているんです」と大塚さん。ジャガイモやトウモロコシ、長いもなどを使用して実験した結果、イノシシの好物はサツマイモが一番だと発覚した。
 檻の前に『香り発生器』と題したミニ焼き芋器の設置を考案したのも、従来の来るまで待つ方法から積極的な捕獲へ乗り出した形となる。センサーの位置を変えればキョンやアライグマ、ハクビシンなどの有害鳥獣へも活用できるので、大きな期待が寄せられる。神崎さんは「現在、町内には約100個の檻が設置されていますが、実際に使用されているのは20個ほどです。残りにこのセンサーを付ければ、格段に捕獲数は上昇するでしょう」と意気込んだ。千葉県のど真ん中に位置する長柄町が、農業被害の実態に革命を巻き起こす日は、もうすぐそこまで来ているのかもしれない。同装置は年内には販売する予定。詳細は問合せを。

問合せ 神崎さん
TEL 090・1127・0100

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る