イノシシ対策へ新たな光

長柄町が旋風を巻き起こす! (写真上大塚さん)

 今夏、長生郡長柄町では画期的なイノシシ捕獲装置が発明されていた。町では2014年度に210頭、15年度に352頭が捕獲されているが、イノシシの繁殖時期は年に2回、子どもが事故などで失われた場合には、母親の出産回数が自然と増すことも確認されており、近年個体数は増加の一途をたどっている。
 町長の清田勝利さんは、「零細農家が多く、細々と丹精込めて野菜を作っても、収穫の時期に被害にあってしまうんです。一番の課題はイノシシの個体数を減らすことですね。捕獲したイノシシをジビエ料理として扱えれば、町おこしにも成りえるでしょう」と話す。そこで、地元で農業を営む神崎好功さんと房総発明研究会会長の大塚誠一さんが二人三脚で開発したのが『匂いで誘引、特殊光センサーで検知して捕まえる装置』。
 「従来の方法である括り罠は俊敏なイノシシでは避けることが可能です。また、檻式では装置の中にワイヤーなどをつけて檻が閉まるようにしても学習能力が高いので、跨ぐようになります。1年間かけてイノシシの習性を根底まで学び、装置の改良に生かしました」と、神崎さんは装置の威力に自信をみせた。
 コスト削減のために選択した部品は『乾電池』と『自転車の空気入れ』というシンプルな作りで、それは今後どんな農家が装置を取り入れても扱いやすいようにと想定してのことでもある。動作源の乾電池は単3を8本で1カ月、空気入れは1回の蓄積で10回使用可能。実験段階ではすでに2頭の捕獲に成功している。
 「検知センサーを、イノシシには見えない色にしたり、木の葉などで誤作動しないように複数にしたりと工夫しました。そもそも対策として、匂わない野菜を作ったり、囲いを作ったりと予防策に出がちですが、私達は彼らの習性を逆利用しているんです」と大塚さん。ジャガイモやトウモロコシ、長いもなどを使用して実験した結果、イノシシの好物はサツマイモが一番だと発覚した。
 檻の前に『香り発生器』と題したミニ焼き芋器の設置を考案したのも、従来の来るまで待つ方法から積極的な捕獲へ乗り出した形となる。センサーの位置を変えればキョンやアライグマ、ハクビシンなどの有害鳥獣へも活用できるので、大きな期待が寄せられる。神崎さんは「現在、町内には約100個の檻が設置されていますが、実際に使用されているのは20個ほどです。残りにこのセンサーを付ければ、格段に捕獲数は上昇するでしょう」と意気込んだ。千葉県のど真ん中に位置する長柄町が、農業被害の実態に革命を巻き起こす日は、もうすぐそこまで来ているのかもしれない。同装置は年内には販売する予定。詳細は問合せを。

問合せ 神崎さん
TEL 090・1127・0100

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る