県研究発表会優勝 ハッチが遺した贈り物

 県立大網高等学校(校長 岩﨑章さん)生物工学科愛玩動物専攻3年生11人の研究、犬の車イスを作る『ハッチプロジェクト』が、千葉県学校農業クラブ連盟研究発表大会のヒューマンサービス部門で1位となった。同科はバイオテクノロジーや動物について学習する。そのなかの愛玩動物専攻は伴侶動物の命とのかかわりを学んでいる。生徒たちは千葉市緑区にある同校の中正農場で犬、ヤギやウサギの世話をし、学外では動物愛護活動団体と交流も行っている。
 「普段の活動で受賞し、メディアに取り上げられるのは意外だった」と不思議そうに話すのは副専攻長の3年生、中山茂遙さん。『ハッチプロジェクト』がスタートしたのは、昨春に生徒たちが世話をする犬のハッチが加齢でヘルニアになったのがきっかけ。徐々に下半身が動かなくなるのを「何とかしてあげたい」という自然な気持ちからだった。はじめは室内運動場の段差のある場所に網を張ったり、スノコを敷いて清潔にしたりと生活環境を整えた。しかし、ハッチは家畜を追う牧畜犬を祖先に持つ活発なウェルシュコーギーという犬種。思うように動けずストレスをため、物に噛みつくようになった。  昨年7月、病気の進行を防ぎ運動不足解消のため、獣医と相談し、ビニールプールに温水をため、リハビリを始めた。ハッチは順調にプールで歩けるようになったが、夏が終わり寒くなると、水に浸かるのが難しくなった。そこで考えたのが車イスだった。生徒たちは動きやすく、身の回りの物で安価にと話し合い、試行錯誤をはじめた。初作はキャスターをつけたプラスチック製の収納カゴの上に発泡スチロールを置いたが、歩けなかった。キャリーカートを台にした試作品は重く、排せつにも問題があった。
 車イス製作者に相談すると、なかには「犬それぞれに合わせ作っている。簡単にできると思わないでほしい」と厳しい言葉を返す人もいたが、軽くて加工しやすい「塩化ビニール管を」とのアドバイスをもらった。ところが、試作する間にもハッチは弱り、前足の筋力も低下していった。中山さんは焦りを感じつつも、「のめりこんで取り組む仲間に尊敬の気持ちを覚え、自分も頑張れた」と語る。5作目の完成は、すでに病気の発症から1年近く経っていた。
 ハッチが亡くなったのは5作目に乗り始めたばかりの今年5月。担当教諭の小高貴博さんは「これで元気になれると思っていた3年生のショックは大きかった。けれども、県大会で発表することを目標に努力し、ハッチの死を乗り越えた」と健闘を称える。
 ハッチは失ったが、今、車イスは千葉市の老犬介護施設で活用されている。中山さんらは自分たちが作った車イスで施設の犬が歩くのは「達成感があり、うれしい」と誇らしげに語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る