女性の理想や憧れをぎっしり詰め込んで今にも動き出すかのような人形たち

紙粘土人形作家 加藤紀美子さん

 勝浦市の自宅の一角で創作紙粘土人形教室「メルヘンの館」を主宰する加藤紀美子さん。紙粘土人形作家としてのキャリアは33年を数え、今年2月、念願だった地元での展示会を「キュステ」(勝浦市芸術文化交流センター)にて実現させた。
 地元イベント関係者によれば、通常、個人の教室の展示会で1日100人を呼ぶのは並大抵のことではないというが、6日間の来場者はおよそ千人。読売新聞、朝日新聞、毎日新聞がイベント案内を掲載、千葉日報が会期初日に取材し記事を掲載したこともあり、近隣のみならず、埼玉県、横浜市、旭市、野田市などからも来場があり、アンケートには「今にも動き出しそう」「勝浦のビッグひなまつりに展示してほしい」「人形の表情など涙が出そうなほど感動した」等、多くの称賛の声が寄せられた。
 加藤さんは勝浦市生まれ。小学校2年生の時、父親の転勤に伴い東京に引っ越したが、見合いの相手が偶然にも勝浦在住の人だったため、結婚を機に22歳で生まれ故郷の勝浦に戻った。当時はもちろん知り合いもおらず、「朝市で買い物をして家事だけの毎日。さみしくて泣いていました」
 やがて男の子3人に恵まれ、子育ての日々。「主人は『母親は常に家にいなくてはならない』という考えの人。三男が幼稚園に入園した頃、何かやりがいのあることをしたいと思うようになり、でも外には出られないので家でできるものはないかと探し始めました」。そんな時、美容室で読んでいた雑誌の広告(ロマンドール通信講座)で紙粘土人形の存在を知る。
 「写真を見て、私の求めていたものはこれだ!と直感しました。すぐに書店に行って同じ雑誌を買い、それから一週間悩みました。なぜって、受講料は半年で3~4万円。専業主婦には高価だし、果たしてそんな大金を叩いて私にやり通すことができるのかと。それでも、どうしても気持ちを抑えきれず、主人に内緒にして、へそくりで始めたんです。若い頃、服飾デザイナーやヘアーデザイナーに興味を抱いていた私にとって、人形は私が憧れていた美しい髪や服、理想の女性を思いのままに作りあげることができるから」
 家事と育児の合間を縫っての人形作り。次々と創作意欲がかきたてられ、半年間の通信教育はわずか4カ月で終了した。そして、もっと上を目指したいと展示会に足を運ぶなどするうち、「画期的な新刊」に出会い衝撃を受けたという。「個性的な表情、関節のある指の細やかさや優雅さ、ファッションセンス等々、これまでの概念を覆されたようでとにかくショックでした」
 ひたすらその本を見続けた末、加藤さんは、本の発行元である創作紙粘土協会に手紙を書いて独学で紙粘土を極め資格を取りたい旨を伝え、そのための手段を問う。すると、協会の代表から電話で作品の写真を送るよう指示され、その後、数回のやりとりが行われた結果、間もなく同協会認定の準講師に。さらに翌年には講師免許を取得した。
 「今なら審査も相当厳しいはずですが、当時はちょうど紙粘土が普及しはじめて間もない時期だったので、地方に広めるという意図があったのかも知れません。本当にラッキーでした」
 とはいえ、独学はたやすいものではない。「材料から仕上げ液の塗り方まで、ことごとく悩みました」。例えば、人形が持つ花の茎に使うワイヤー。最初は普通のワイヤーを使っていたので、暫くすると錆が出て花がことごとく落ちしまうことに。また、紙粘土の種類によって繊維の長さが異なり、ドレスのギャザーを作る場合には薄く伸ばす必要があるため繊維の長い紙粘土でなければいけない。
 こうして様々な試行錯誤を重ね、技術を向上させ続けた加藤さんは、平成元年の第三回創作紙粘土全国作品展にて入賞(「昭和天皇」「金婚式」)。平成5年、師範免許取得。平成8年、第六回創作紙粘土全国作品展にて入賞(「海のファンタジー」)。ちなみに、「昭和天皇」制作時には数多くの本で写真の表情含め研究し、第2ボタンを外されていることが多いことも作品に反映させており、一方、両親をモデルにした「金婚式」は実際の勲章の写真を送付してもらい、緻密に再現させた。
 ただ、人形づくりは技術面だけではなく「作者の心の在り方が大事」と加藤さんは言い切る。「謙虚で穏やかな気持ちを持ち続けないと、どんなに立派な作品であろうと、人の心を打つ作品には仕上がらない。自惚れた心は傲慢な顔の人形を作ります。だから、常に腕のみならず、心身も磨いて多くの人に夢を与えられる人形を作りたい」
 そんな人形に対する思いを綴った『紙粘土人形に魅せられて』が第12回全国「生きがい」作文コンクール(主催/社会福祉法人日本家庭福祉会 後援/総理府・毎日新聞社)の日本家庭福祉会会長賞を受賞したのは、紙粘土人形への真摯な愛情が対外的に評価されたからこそ。
 今、加藤さんが好んで制作しているのが同居する二人の孫をモデルにした人形。制作中、「ばあば、すごいね」と傍らではしゃぐ二人の声に、加藤さんの穏やかな顔がさらに穏やかになる。

問合せ メルヘンの館
TEL 0470・73・2934

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る