雨風だってなんのその茂原秋まつり開催!

 9月17日(日)、強い風雨にも負けず盛り上がったのは茂原駅前の南口ロータリー。20年以上前から茂原八幡神社と高師八幡神社が合同で行ってきた神輿渡御は、2004年より『茂原秋まつり』として開催されるようになった。
 春の『桜まつり』や夏と冬の『七夕まつり』を開催する同市において、秋にも街を盛り上げるイベントをと始まったこのまつりは、5年前から中の島地区も加わり、各3地区を出発した神輿が茂原駅を目指し、練り歩く。100mほど離れていても、雨の中、神輿を担いだ男たちの掛け声が駅まで届く。「秋まつりは、農作物の収穫を神に感謝する祭りが由来となっています。関係者はこの日のために4月から準備していたので、天候は残念ですが、事故なく安全に、皆さんが最後まで盛り上がれたらと思います」と、茂原秋まつり運営協議会事務局の青木さんは話す。
 勇壮な神輿の渡御を、力強い『中の島太鼓』の演奏が駅前で迎えている。ソーラン節など数曲の演奏が14時半から始まった。5基の神輿が15時頃集結すると、駅前には多くの人が集まっていた。 「太鼓の演奏は神輿を盛り上げ、神輿の掛け声がさらに太鼓の演者を興奮させる。とてもいい相乗効果が生まれています」と青木さん。「台風と重なった秋まつり。きっと一生忘れない思い出になるよ」と、茂原市在住の男性は笑った。何度も飛び跳ねるように神輿を担ぎあげる姿は、茂原市の活気を見事にあらわしていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る