自分で摘み取ったブドウでジュース作りを

 昨秋、夷隅郡大多喜町老川で体験イベント『渓谷の懐が育んだブドウでオンリーワンジュースを』が開催された。同イベントを主催したのは、NPO法人大多喜みらい塾(2012年発足・上治信塾長)。同塾は、過疎地域指定を受けている大多喜町で、都心部から70キロ圏(90分)という地の利を生かし、過疎高齢化・耕作放棄地対策等のため、都市農村交流・定住促進事業を進め、農業体験や古民家再生プロジェクトなどを通じ、地域の魅力を感じた若者たちの定住を目標に活動している。

 今回のイベントは無農薬栽培のブドウの摘み取りから搾り器を使いジュースを作るまでの体験をするという企画。当日は集合場所の同町小田代にある養老渓谷観光センターやまびこに茂原市や市原市、千葉市、市川市などから続々と15名の参加者が集まった。車で数分走ったところにあるシイタケ農家、細谷行雄さんの敷地が会場。細谷さんはキノコ嫌いの子どもが美味しいと言って食べるという、こだわりの原木シイタケを通年栽培する傍ら、数年前から甲州、ピッテロビアンコ、大玉ピオーネなど10種類ほどブドウの栽培を始め、8月から11月までの収穫時期に、今回の集合場所となった観光センターやまびこで販売している。
 参加者は小一時間ほどハウス栽培のブドウの摘み取りを楽しむと、作業場で房から実をもぎ、洗ったあと搾り器に実を投入。皮と果汁が分かれて出てくる仕組みだ。子どもたちも初めての体験に夢中で作業する。同時にBBQグリルで肉厚の採れたてシイタケの炭火焼きを。シイタケ、シメジ、ナメコと自家製味噌で味噌汁も用意された。皆、絞りたてジュースと熱々の焼きシイタケや具沢山のキノコ汁に舌鼓を打ち、すべて完食。
 同塾が主催した川掃除や田植え、稲刈りなどのイベントにも参加したというリピーターのファミリーは「ジュース作りも面白かったけど、キノコが美味しかった。また参加したい」と笑顔で話した。同塾のイベント開催情報はHP参照。

問合せ NPO法人大多喜みらい塾
TEL 0470・62・6989

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る