体の動きを知り尽くした私が教えます

 開催月の第4土曜日、茂原市のスポーツクラブゼロで行われている『爽身クラブ』。主宰の小川雅子さんは、フィットネスインストラクター経験40年のベテラン。「平成16年から4年間東金市主催のヨガ教室の講師を務め、延べ4千人を指導しました。鍼灸師を目指して専門学校に通うため一度は教室の指導を退いたのですが、2年の終わりに膠原病を発症してしまい諦めることに。「平成28年9月より『爽身クラブ』を立ち上げました」という小川さん。専門学校で学んだ解剖学が、今の指導にとても役立っているとか。
 教室は午後3時から1時間半。基礎を含めたヨガポーズの他、『手話ダンス』も行っている。「子どもが小学生の頃、教育ボランティアとして子ども達に手話を取り入れたダンスを教えたことがベースになっています。手話は本を読み独学で勉強しました」。手話ダンスは歌うことによる腹式呼吸と顔の表情筋のトレーニング、手話の動作と足のステップなどが同時に進行するので脳のエネルギーを大量に消費、そして活性化させ、ボケ防止やダイエットに効果があるとか。
 『世界に一つだけの花』を歌い、ステップを踏みながら参加者6名は小川さんと一緒に手話をする。『花』の手話をしながら、「このポーズで両ひじがつかない人は肩甲骨に問題がありますよ。みなさん大丈夫?」と小川さんが声をかける。同クラブは3月まで休講するが、4月より再スタート。参加者募集中だ。入会・参加費は無料。詳細は問合せを。

問合せ 小川さん
TEL 090・3912・5894

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る